J1北海道コンサドーレ札幌の日本代表FW鈴木武蔵は14日、東京都内で開催された「2020Jリーグキックオフカンファレンス」に参加。J1全18クラブの代表者が一堂に会した場で、同僚のタイ代表MFチャナティップとともにヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタとの記念撮影に成功したことを、自身の公式インスタグラムで報告した。
 昨季札幌に移籍した鈴木は、リーグ戦33試合13得点をマーク。その活躍を受けて日本代表デビューも果たし、ここまで7試合1得点の成績を残している。
 さらなる飛躍が期待されるなか、26歳ストライカーは自身の公式インスタグラムで「いい写真撮れた」と綴り、カンファレンス会場で撮影した1枚の写真を投稿。同僚のチャナティップとともに私服姿のイニエスタのもとを訪れ、満面の笑顔での3ショット撮影に成功したようだ。コメント欄には「2人とも少年の様に興奮してイニエスタさん見つめてました」と、その喜びを綴っている。
 今季のリーグ戦では、ホームの札幌ドームで3月22日に行われる第6節で初対決。憧れのイニエスタを前に、札幌のストライカーはどんなプレーを見せてくれるだろうか。


※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
URL:https://www.football-zone.net/archives/246696