今冬の移籍市場でマンチェスター・ユナイテッドにローン移籍で加入したナイジェリア代表FWオディオン・イガロが次節のチェルシー戦でついにメンバー入りを果たすようだ。英公共放送局「BBC」が報じた。
 ユナイテッドはイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードの負傷により、ストライカーが駒不足となったため、冬の移籍市場で動きを見せた。
 ノルウェー代表FWアーリング・ブラウト・ハーランド(ザルツブルク→ドルトムント)やノルウェー代表FWジョシュア・キング(ボーンマス)といた本命の獲得は逃したものの、最終日に中国1部上海緑地申花からプレミアリーグでのプレー経験があるイガロを半年間の期限付き移籍で補強していた。
 スペインで行なわれたトレーニングキャンプには帯同しなかったイガロだが、17日に予定されている次節のプレミアリーグ・チェルシー戦でついにメンバー入りを果たすようだ。オレ・グンナー・スールシャール監督は「できるだけ早く彼にはチームに溶け込んでほしい。彼はプレーを熱望している」と語り、イガロの早期合流を望んでいた。現在4位の強敵チェルシーとのアウェーゲームがデビュー戦となる可能性が浮上している。
「彼は我々とともに(スタンフォード・ブリッジへ)遠征する。今週、彼のフィットネスを確認する。彼はこの試合にしっかりと合わせてくれると思うよ」
 プレミアリーグで暫定8位とライバルとの争いで遅れをとっているユナイテッドにとって、冬の貴重な新戦力となったイガロ。ストライカーらしく、ゴールでアピールすることができるのか。30歳にして訪れたメガクラブでの挑戦がまもなくスタートする。
【CL再開!登録初月無料!】2019-20シーズンのチャンピオンズリーグ・ヨーロッパリーグもDAZNが独占配信!


※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
URL:https://www.football-zone.net/archives/246190