スペインの強豪バルセロナは、長期離脱中のウルグアイ代表FWルイス・スアレスに代わるストライカーの獲得が今冬のミッションだ。移籍情報をメインに扱うフランスメディア「フットメルカート」は、モナコのフランス代表FWウィサム・ベン・イェデルに巨額オファーの可能性があると報じている。
 バルセロナはスアレスの穴埋めとして狙うストライカーの本命が、同リーグのバレンシアに所属するスペイン代表FWロドリゴだとされている。他にもアーセナルのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン、ナポリの元スペイン代表FWフェルナンド・ジョレンテ、チェルシーのフランス代表FWオリビエ・ジルーといった名前も挙がるなかで、今季に多くの得点を生み出しているストライカーの名前が急浮上した。
 ベン・イェデルは昨夏、スペインのセビージャから移籍金7500万ユーロ(約90億円)でモナコに加入した。今季はここまで、公式戦15得点9アシストというハイパフォーマンスを披露している。
 バルセロナは、ベン・イェデル獲得のためにモナコへ8000万ユーロ(約96億円)のオファーをすでに送ったという。現時点でチーム最高のストライカーを手放せないモナコは、当初この提案を拒否。しかし、冬の移籍市場が閉まる瞬間まで予断を許さないとされている。
 モナコが首を縦に振るとなれば、最初のオファーよりは高額になることが予想される。バルセロナの動向に注目が集まることになりそうだ。
【CL開幕!登録初月無料!】2019-20シーズンのチャンピオンズリーグ・ヨーロッパリーグもDAZNが独占配信!


※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
URL:https://www.football-zone.net/archives/243241