現役引退から約4年。子どもたちの指導のために来日したロベール・ピレスは、千葉県幕張のグラウンドで時に身を乗り出して熱のこもった指導を繰り返していた。
 アーセナルに黄金期をもたらしたレジェンドの「ビエン」の声に、子どもたちも目を輝かせる。外見は少し丸みを帯びたようにも映るが、時折見せる華麗なボール捌きは現役時代と重なる。
 2003-04シーズンに無敗優勝を果たした“インビンシブルズ”の中でも、長短のパスで攻撃にスイッチを入れるピレスは替えが利かない存在だった。MFながら14得点を挙げ、MVP級の活躍を見せたことは多くの“グーナー”が記憶しているはずだ。インドでのプレーを最後に引退後はアーセナルのフロント入りし、指導者としての道も歩み始めている。
googletag.cmd.push(function() { googletag.display('div-gpt-ad-1568261389535-0'); });

※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:海外サッカー - Number Web
URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/842257