リバプールは現地時間19日、本拠地アンフィールドでのプレミアリーグ第23節で、マンチェスター・ユナイテッド相手に2-0と勝利を収めた。最少得点差で迎えた後半アディショナルタイム・ブラジル代表GKアリソンのロングフィードからエースのエジプト代表FWモハメド・サラーがダメ押しゴールを決めたが、海外メディアはその後アリソンが見せた“仲間9人抜き”の猛ダッシュに注目している。
 日本代表MF南野拓実はベンチスタートとなったなか、リバプールとユナイテッドのナショナル・ダービーは白熱の展開となる。前半14分にセットプレーからオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクがヘディング弾を決めて先制。その後、ネットを2度揺らすもオフサイドとVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の介入で得点は認められず最少得点差のまま、試合は後半アディショナルタイムに突入した。
 ユナイテッドのセットプレー崩れのボールをキャッチしたアリソンは、すかさず最前線のサラー目掛けてロングフィードを供給。自陣センターサークル手前から抜け出したサラーは、そのままドリブルで持ち込み、マーカーにチェックを受けながらもスペイン代表GKダビド・デ・ヘアの牙城を崩してダメ押しの2点目を奪った。
 アリソンは得点が決まった瞬間に猛ダッシュ。ピッチを駆け上って次々と味方選手を抜き、敵陣のゴールライン際で喜ぶサラーの元へ一番乗りでたどり着くと、膝ダイブを見せてエースとともに歓喜に浸った。
 リバプール公式ツイッターは、「相手のゴール裏へ10秒以内。アリソンとサラーが拍手に応える(お辞儀)」と動画付きでレポートした。また、英紙「デイリー・スター」は約90メートルを疾走したダッシュに対するツイッター上の反応を紹介しており、あるユーザーはアリソンの走る姿に英映画「炎のランナー」の曲を乗せて投稿。他にも「シーズンのハイライトになる」「まさに私が見つけたいと思っていたものだ」「これはすごく好きだ」といったコメントが寄せられている。
 渾身のアシストとともに、アリソンの猛ダッシュはしばらく注目を集めそうだ。


※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
URL:https://www.football-zone.net/archives/242038