タイで開催中のU-23アジア選手権に参加している森保一監督率いるU-23日本代表は11日、敗れればグループリーグ敗退となるシリア戦(12日)に向けて前日練習を行った。東京五輪イヤーの初陣となったサウジアラビア戦(9日)は、試合終盤に勝ち越し点を許して1-2で敗戦。第2戦となるシリア戦は“崖っぷち”の状態で臨む。先発出場が濃厚なFW上田綺世(鹿島アントラーズ)は、救世主となることを誓った。
 上田は力強かった。サウジアラビア戦では1トップとして途中出場。だが、課題は残った。攻撃陣としては1点を追う後半11分、左サイドでボールを受けたMF食野亮太郎(ハーツ)が仕掛け、中央へ切り込んでからの右足での強烈なシュートがゴールに突き刺さった1点のみ。終盤に最終ラインでのバックパスのミスからPKを献上し、勝ち越し点を許してしまった。守備陣のミスは目立ったが、チャンスメイクしながらも決め切ることができず、攻撃陣としても悔しい結果となった。
 シリア戦に敗れれば、グループリーグ敗退が決まる。先発出場の可能性が高い上田は、サイズのある中東の難敵に対して「やれる自信は?」と聞かれて短く答えた。
「もちろん」
 会場はサウジアラビア戦と同じタマサートスタジアム。芝が長く、ピッチも柔らかい。アジアならではの条件に最初は苦労した。だが、それさえも逆手に取るつもりだ。
「やりやすくはないですけど、もちろん。でも、それは相手も一緒かなと思う。ボールの転がりも悪いですし、下が柔らかかったりとか、疲労が溜まるピッチでもある。でも悪条件は相手も感じていることなので、僕らができないことはないと思いますし、逆にチャンスに変えたい」
 1トップに期待されることは“ゴール”。ここで決めれば、東京五輪本番へのアピールにも成功する。今こそ、この舞台で上田が輝く時だ。


※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
URL:https://www.football-zone.net/archives/240390