浦和レッズの元日本代表DF森脇良太は、契約満了により今季限りでの退団が決まっている。7日に迎えるJ1リーグ最終節のガンバ大阪戦が浦和でのラストマッチになる見込みだが、7年間所属した浦和に対して「感謝しかない」と繰り返した。今でこそ愛されるキャラクターとして認知されているが、少しずつ積み上げられたものもあった。
 森脇が浦和に加入したのは2013年で、当時の浦和はミハイロ・ペトロヴィッチ監督(現・北海道コンサドーレ札幌)が指揮。サンフレッチェ広島時代に指導を受けたDF槙野智章やMF柏木陽介も在籍していたことで、クラブを取り巻く空気は「広島からの補強」という一括りにされた感もあった。それは翌年にGK西川周作やFW李忠成が加入したことで、より強まったかもしれないが、森脇の明るいキャラは浦和の中でも異質だった。
 一方で、「僕は作っているわけじゃなくて、ありのままなんです」というキャラクターは、少しずつ受け入れられていった。そこには、浦和サポーターの「愛のあるブーイング」との関係が欠かせない。森脇が誕生日の当日にゴールした試合で、ゴール裏のサポーターに「ハッピーバースデー」を求めて指揮者のように手を振るもブーイング。諦めて引き上げかけたところで、その歌が歌われると、喜び勇んで聞きにいった。そして、森脇が手を挙げて応えるとまたブーイングだった。
 また、タイトルを取った際には、トロフィーを低い位置で持った代表者が“タメ”を作り、掲げるのに合わせて選手もサポーターも手を挙げて歓声を送るのが恒例だ。しかし、森脇がそれをやると、選手は反応せず、サポーターはブーイング。そして、森脇はトロフィーとともにオーバーアクションで倒れる。今では“森脇芸”として、ユース年代の試合などでも見かけるようになった。
 ヒーローインタビューでは話している間に、サポーターへ「僕の話、聞いてますか?」と問いかけると、ブーイングを受ける。そして、先にインタビューを受けていたFW興梠慎三は森脇を置いて立ち去る。こうしたいじられキャラ、ブーイングを笑いに昇華した稀有なキャラクターの持ち主だった。森脇もまた「サポーターとの触れ合いの時間、皆さんと一緒に共有できるのが楽しくて。サッカーをやる以外の、そういう時間も素晴らしかった」と、笑顔で振り返った。
【今シーズンのJリーグも佳境!】登録初月無料のDAZNで優勝、昇格、残留争いをチェック!


※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
URL:https://www.football-zone.net/archives/232861