乾貴士【写真:Getty Images】
 スペイン1部のエイバルは11月30日のリーガエスパニョーラ第15節でレアル・ソシエダと対戦し、敵地で1-4と敗れている。MF乾貴士のパフォーマンスについて、スペインメディアが分析した。
 乾は先発でピッチに立つと、0-1で迎えた35分に同点弾をアシストした。ただ、試合は劣勢が続き、後半の序盤に2点を奪われると、乾は61分に交代となっている。
 星0から星3の4段階で評価する『マルカ』は、乾のパフォーマンスに星1を付けた。エイバルは2人のみに星2つがつき、ほかの選手は星1つという評価。1-4の完敗ということもあって、チーム全体があまり良い評価を受けていない。
 一方で『ホルナーダ・ペルフェクタ』は、10点満点で乾に「6」をつけた。これはゴールを決めたディオプと同じチーム最高タイの好評価。「得点シーンでディオプにパスを出したのは非常に賢い選択だった。これ以上多くの貢献はできなかった」と記している。


※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:フットボールチャンネル
URL:https://www.footballchannel.jp/2019/12/01/post350687/