2019年の「バロンドール」受賞者が12月2日に発表される。創設2年目となる女子は、「ワールドカップ最優秀選手」に輝き、「FIFA最優秀選手賞」も受賞したミーガン・ラピノー(アメリカ)が大本命であるとされる。予想通りラピノーが受賞し、個人賞の3冠達成となるのか、それとも大番狂わせが待ち構えているのか……。
『フランス・フットボール』誌10月29日発売号では、昨年の第1回投票で受賞したアダ・へゲルベルグ(ノルウェー)に次ぐ第2位に輝き、今年も20人の候補者にノミネートされているペルニレ・ハーダーのインタビューを掲載している。
 デンマーク代表キャプテン。ヴォルフスブルクのエースストライカーとしてリーグとカップの2冠を達成。チャンピオンズリーグでも準々決勝まで進み(リヨンに敗れる)得点王を獲得したハーダーだが、この夏のワールドカップはデンマークがヨーロッパ予選で敗退したために出場がならなかった。
googletag.cmd.push(function() { googletag.display('div-gpt-ad-1568261389535-0'); });

※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:海外サッカー - Number Web
URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/841654