バルセロナは現地時間27日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第5節でドルトムントと対戦し、3-1で勝利を収めた。エースのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシはこの試合でクラブ公式戦700試合出場を達成し、1ゴール2アシストと大車輪の活躍を披露。CL公式インスタグラムはメッシがドルトムント戦で提示した“3つのレッスン“を動画で紹介している。
 バルセロナの所属するグループFは今季のCL最大の“死のグループ”に位置づけられており、ドルトムントの他にもインテルなど猛者がひしめいている。ホームで迎えたドルトムント戦では、絶対的エースが別格の存在感を放った。前半29分にメッシがスルーパスでウルグアイ代表FWルイス・スアレスの先制点を演出する。
 そして前半33分、高い位置でボールを奪ったカウンターの場面、ペナルティーエリア内でパスを受けたメッシがゴール右隅に流し込んで追加点を奪う。さらに後半22分、メッシがドリブルでボールを運ぶと、相手守備陣の裏を突くスルーパスを供給。抜け出したフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンがゴール右隅に沈めた。
 1ゴール2アシストと大車輪の活躍を披露したメッシに対し、世界各国から称賛の言葉が寄せられているなか、CL公式インスタグラムは「メッシはメッシたらしめることを行う」と文章を添え、メッシによる“3つのレッスン”を動画で紹介。1つ目に「完璧なパス」と題し、スアレス、グリーズマンのゴールを演出したスルーパスを取り上げた。
 2つ目に挙げた「最高の一撃」では、メッシ自身のゴール、そして3つ目では「イカすFK」として、3-0で迎えた後半30分、右サイドで獲得したFKから強烈な左足の一振りをクロスバーに直撃させた場面をフューチャーしている。上記の3シーンだけではなく、メッシはあらゆる場面で存在感を放っており、改めて格の違いを見せつける形となった。


※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
URL:https://www.football-zone.net/archives/231875