エムレ・デミル【写真:Getty Images】
 トルコ1部カイセリスポルに所属するMFエムレ・デミルが同国リーグ史上最年少得点を記録した。
 現地時間9日、カイセリスポルは敵地でゲンチレルビルリと対戦し1-2で敗れた。この試合でエムレ・デミルは71分にチーム唯一となるゴールを記録した。
 移籍専門サイト『トランスファーマルクト』によると、15歳9ヶ月25日で得点を挙げたエムレ・デミルは、2013年8月に16歳3ヶ月15日で得点を決めたエネス・ユナルを大きく上回り同国リーグ史上最年少得点と報じた。
 2004年1月15日生まれのエムレ・デミルは昨季5月19日にトップチームデビューを飾っている。今季も開幕戦で出場するなど3試合でプレーしている。さらに飛び級でU-17トルコ代表としても5試合に出場経験を持つエムレ・デミルの今後の活躍が注目される。


※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:フットボールチャンネル
URL:https://www.footballchannel.jp/2019/11/11/post347069/