リオネル・メッシ【写真:Getty Images】
【バルセロナ 4-1 セルタ リーガエスパニョーラ第13節】
 リーガエスパニョーラ第13節のバルセロナ対セルタが現地時間9日に行われた。試合は4-1でホームのバルセロナが勝利を収めている。
 前節レバンテ戦を落とし、ミッドウィークのチャンピオンズリーグではスラビア・プラハと引き分けたバルセロナ。降格圏に低迷するセルタにはしっかり勝って、悪い流れを払しょくしたい状況だ。
 立ち上がりからボールを支配したバルセロナは21分、ジュニオル・フィルポのクロスが相手のハンドを誘ってPKを獲得。これをメッシが決めて先制に成功した。
 しかし42分、セルタはオラサがFKを直接決めて1-1の同点に追いつく。
 それでも、バルセロナはエースのクオリティで差を付け始めた。前半アディショナルタイム、メッシが直接FKを決めて再びリードして折り返すと、後半立ち上がりの48分にもメッシが直接FKでゴールネットを揺らして3-1とした。
 2点のリードがあるバルセロナは、なかなか追加点が奪えないが、敵陣でボールを回し続けて主導権を渡さない。85分にはブスケッツが流れの中からゴールを奪って勝負あり。バルセロナが4-1で勝利し、公式戦3試合ぶりの白星をつかんだ。
【得点者】23分 1-0 メッシ(バルセロナ)42分 1-1 オラサ(セルタ)45+1分 2-1 メッシ(バルセロナ)48分 3-1 メッシ(バルセロナ)85分 4-1 ブスケッツ(バルセロナ)


※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:フットボールチャンネル
URL:https://www.footballchannel.jp/2019/11/10/post346947/