レアル・マドリードはUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第4節でガラタサライ相手に6-0の大勝を飾り、18歳のブラジル人FWロドリゴがハットトリックを達成するなど新世代の台頭が目立つ。その一方で“蚊帳の外”になりつつあるのが、ウェールズ代表FWギャレス・ベイルだ。
 ジネディーヌ・ジダン監督との関係悪化を伝え、退団が既定路線とする報道が出回るなか、かつてレアルに在籍した同じ英国人アタッカーが「ベイルは残留を望んでいる」と語ったと、スペイン紙「AS」が報じている。
 コメントを残したのは、元イングランド代表MFスティーブ・マクマナマンだ。リバプールで痩身のドリブラーとして活躍したマクマナマンは、1999-2000シーズンにレアルに加入。ルイス・フィーゴ、ジダン加入の陰に隠れたが、“銀河系軍団”の貴重なスーパーサブとして存在感を発揮した。
 そんなマクマナマンは英国とスペインの文化の違いを知る1人だが、「彼はマドリードに残留することを望んでいる。彼自身がレアルで将来があるかどうかは分からない。メディアのコメントを通してみると、中国でプレーしたいというのが多いがそうではないし、現時点ではここで幸せだ」と、噂される中国クラブ行きの可能性は低いのではないかと見ている。
 イングランド人のマクマナマンは「現時点で最高のクラブはイングランドにあって、最高のチームはリバプールとマンチェスター・シティだよ」と自らの古巣2クラブを立てる発言をしているが、ベイルに関しては現時点ではマドリードの地で戦ってほしいと考えているようだ。
【CL開幕!登録初月無料!】2019-20シーズンのチャンピオンズリーグ・ヨーロッパリーグもDAZNが独占配信!


※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
URL:https://www.football-zone.net/archives/227740