パリ・サンジェルマン(PSG)が、20歳にして押しも押されもせぬスーパースターへと成長を遂げたフランス代表FWキリアン・ムバッペを引き止めるため、巨額のオファーを提示するプランを立てているようだ。スペイン紙「AS」が伝えている。
 ムバッペは2015年12月にモナコでプロデビューを飾ると、16年2月には17歳でプロ初ゴールをマーク。すぐに頭角を現し、16-17シーズンには主力に定着した。03-04シーズン以来となるUEFAチャンピオンズリーグ(CL)ベスト4と躍進し、その名を一気に知らしめた。17年夏には国内屈指の強豪であるPSGへと移籍。ブラジル代表FWネイマールらスター選手とともに中心選手としてプレーしている。
 ムバッペは、PSGと2022年までの契約を結んでいる。しかし、同胞のジネディーヌ・ジダン監督率いるレアル・マドリード移籍の噂は絶えず、レアルのフロレンティーノ・ペレス会長もムバッペの獲得を熱望していると度々報じられている。
 また、先日にはムバッペ在籍時にモナコの副会長だったヴァディム・ヴァシリエフ氏も、フランステレビ「テレフット」で、ムバッペには当時からレアル移籍の噂があったが本人が時期尚早だと考えていたことを明かし、同選手も最終的にはレアルに移籍することを望んでいたと語っていた。
 パリで3シーズン目を迎えているムバッペ。今季終了後には、“ステップアップ”として加入したPSGを去るのではとの憶測も飛び交うなか、フランス紙「ル・パリジャン」は、フランス王者が若きスーパースターの移籍を阻止するために年俸4000万ユーロ(約48億円)近い巨額オファーを検討していると報じた。これが事実であれば、年俸3680万ユーロ(約44億円)と報じられているチームメイトで世界的スター選手のネイマールをも上回る待遇となる。
 レアルは3億ユーロ(約362億円)を投じてムバッペの獲得を目指しているとされ、来夏の移籍市場で注目の的となることは間違いない。


※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
URL:https://www.football-zone.net/archives/227759