ニコ・コバチがバイエルン・ミュンヘンの監督を退くことになった。
 1-5と大敗した2日のブンデスリーガ第10節フランクフルト戦の翌日にクラブ側が発表。会長のウリ・ヘーネス、代表取締役のカール=ハインツ・ルンメニゲ、スポーツディレクターのハサン・サリハミジッチ、そしてコバチの4人は、チームの現状について膝を突き合わせて話し合い、その席でコバチから「このタイミングがクラブにとって正しい決断だと思う」と辞任の申し入れを行ったそうだ。選手は全く聞いていなかったようで、午前中には普通にトレーニングが行われていたこともあり、一様に驚きの声が上がっていたという。
 とはいえ、予兆がなかったわけではない。いや、ここ最近は「どうした、バイエルン?」ということばかりが起きていた。
 フランクフルト戦では、そのすべての悪い面が出てしまった。一番の要因は間違いなく、前半9分にジェローム・ボアテングがフランクフルトのFWゴンサロ・パシエンシアを倒して一発レッドで退場となったシーンだろう。主審は最初「PK+イエローカード」の判定を下したが、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)判定の結果、ペナルティーエリア手前だったためFKに。ただ、得点機を阻止したということでレッドカードが提示された。
 フランクフルトの日本代表MF鎌田大地は、「それが一番(の要因)だと思います。あれがPKで11対11でやるよりも、PKにならなくてレッドカードで退場してくれたほうが、ありがたかった」と語り、アディ・ヒュッター監督も「素晴らしい体験となった。バイエルンにこのように勝利できたのだ。あのレッドカードがターニングポイントになった」と振り返った。いくら質の高い選手を揃えるバイエルンとはいえ、残り80分以上も1人少ない状態で試合をするのは簡単なことではない。
 だが、バイエルンが大敗した要因はそれだけではない。スタメンからどうも噛み合わなさを感じさせられた。この日の最終ラインは右からベンジャマン・パバール、ボアテング、ダビド・アラバ、アルフォンソ・デイビスだったが、試合開始から守備ラインがまったく揃わない。高さがバラバラで簡単に裏を取られてしまう。ボアテングが退場したシーンは個人的なミスでもある。だが、チームに漂う不安定感が如実に出てしまった結果でもあった。


※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
URL:https://www.football-zone.net/archives/227794