トットナムの韓国代表FWソン・フンミンは現地時間6日、UEFAグループステージ第4節のレッドスター戦で2ゴールを奪い、4-0の快勝に貢献した。ソン・フンミンも2ゴールを奪う活躍を見せたが、ゴールネットを揺らした際、重傷を負わせたエバートンのポルトガル代表MFアンドレ・ゴメスに向けて示した謝罪ジェスチャーに対し、英メディアも「祈る仕草で両手を合わせ、お辞儀をしていた」と注目している。
 敵地に乗り込んだトットナムは前半34分、MFジオバニ・ロ・チェルソが混戦の中から先制点を奪うと、1-0で迎えた後半12分、ソン・フンミンがペナルティーエリア内で左足を振り抜きゴール上に突き刺し、追加点を奪った。チームメートは笑顔で駆け寄る一方、ソン・フンミンはゴール裏のカメラに向け、神妙な面持ちで両手を合わせ、謝罪の意を示した。
 ソン・フンミンが謝罪を送った相手は、自らのタックルが発端となり重傷を負うことになったゴメスだ。3日に行われたプレミアリーグ第11節エバートン戦(1-1)で、ソン・フンミンは後方から危険なスライディングタックルをゴメスに見舞い、一発退場となっていた。タックルを受けたゴメスは勢いあまってカバーに来ていたトットナムのコートジボワール代表DFセルジュ・オーリエと衝突すると、そのままピッチに倒れ込む。右足首が不自然な方向に曲がる脱臼骨折で、退場処分を受けたソン・フンミンはショックで涙を流しながらピッチを去っていた。あまりに気が動転していたことにより、試合前は精神的ダメージによりレッドスター戦の欠場の可能性も取り沙汰されていたほどだった。
 ソン・フンミンが披露した謝罪ジェスチャーに、英メディアも注目。英紙「メトロ」は「ソン・フンミンがゴールセレブレーションの際にゴメスへ謝罪」と見出しを打ち、「祈る仕草で両手を合わせ、お辞儀をしていた」と説明。また、試合後のコメントも紹介しており、「本当に、本当に申し訳ない」と深く謝罪していた。チームに重要な勝利をもたらしたソン・フンミンだが、ゴメスに対する謝罪をしっかりとピッチで示していた。


※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
URL:https://www.football-zone.net/archives/227695