U-17日本代表【写真:Getty Images】
【日本 0-2 メキシコ U-17W杯・決勝トーナメント1回戦】  U-17ワールドカップ・決勝トーナメント1回戦、U-17日本代表対U-17メキシコ代表の試合が現地時間6日に行われた。U-17日本代表は0-2の敗戦を喫している。国際サッカー連盟(FIFA)が試合に関する寸評を公開した。
 日本は西川潤や若月大和、鈴木彩艶などを先発起用。試合開始して57分、メキシコのエウジェリオ・ピッツート・プガに先制点を決められてしまう。さらに74分にはサンティアゴ・ムニョスに追加点を決められた。日本は0-2の敗戦を喫し、ベスト16敗退となっている。
 FIFAは日本について「全体的にやや不振なパフォーマンス」「グループリーグ全体を通して見事だった日本のミッドフィールドは、試合をコントロールすることが出来なかった。いくつかのチャンスが三戸舜介や若月大和にあったが、十分なフィニッシュならず。メキシコのGKエドゥアルド・ガルシアを真剣に悩ませることは出来なかった」とコメントしている。


※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:フットボールチャンネル
URL:https://www.footballchannel.jp/2019/11/07/post346524/