捨てる神あれば拾う神あり――。ガンバ大阪の矢島慎也が宮本恒靖監督の下で非凡な才能を開花させつつある。
 役回りは3バックの前に陣取る司令塔。鋭いパスを広角に散らす見事な展開力はいまや国内屈指のシロモノと言っていい。
 最大の売り物は一発で相手の最終ラインの裏を突くパスだ。それも中盤の深い位置から繰り出すのだから守備側はたまったものではない。まさか――という感じである。
 矢島の仕事ぶりはまるでアメリカンフットボールのクォーターバックを思わせる。遠い距離から放つ「タッチダウンパス」の効果は絶大だ。ラインを押し上げて戦いたい相手にとっては天敵だろう。


※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:Jリーグ - Number Web
URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/841299