ロベルト・レバンドフスキ【写真:Getty Images】
【フランクフルト 5-1 バイエルン・ミュンヘン ブンデスリーガ第10節】
 ブンデスリーガ第10節のフランクフルト対バイエルン・ミュンヘンが現地時間2日に行われた。試合は1-5でアウェイのバイエルンが大敗。フランクフルトの長谷部誠と鎌田大地はともにベンチスタートとなり、鎌田は64分から途中出場している。
 上位との対戦が続くフランクフルトは、幸先の良いスタートを切る。開始9分、ボアテングがVARで退場処分を受けて数的優位に立つと、25分にコスティッチ、33分にソウがそれぞれゴールを奪い、王者を相手に2点のアドバンテージを得た。
 その後、バイエルンは37分にレバンドフスキがゴール。開幕から続く連続得点記録が10試合となり、ブンデスリーガ記録をさらに更新した。しかし、10人のバイエルンの反撃は続かない。
 後半に入るとフランクフルトはさらに3点を加え、王者から5得点。大差でバイエルンを下す波乱を起こした。
 『Opta』によると、バイエルンが開幕からの10試合で16失点するのは、2008/09シーズン以来11年ぶりとのことだ。
【得点者】25分 1-0 コスティッチ(フランクフルト)33分 2-0 ソウ(フランクフルト)37分 2-1 レバンドフスキ(バイエルン・ミュンヘン)49分 3-1 アブラハム(フランクフルト)61分 4-1 ヒンターエッガー(フランクフルト)85分 5-1 パシエンシア(フランクフルト)


※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:フットボールチャンネル
URL:https://www.footballchannel.jp/2019/11/03/post345786/