ジネディーヌ・ジダン監督【写真:Getty Images】
 レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督は、現地時間19日に行われたマジョルカ戦の内容に不満を持っている。スペイン『アス』などが、試合後の指揮官のコメントを伝えた。
 立ち上がりに先制を許したレアル・マドリーは、相手の粘りもあって最後までゴールを奪えず、0-1で敗戦。今季リーグ戦初黒星で、首位の座をバルセロナに明け渡している。
 ジダン監督は「負傷者は言い訳にはならない。それもサッカーの一部だ。ほかにも選手がいるし、もっとうまくやらなければいけなかった」とコメント。「問題は3日おきに良いプレーをしなければいけないということだ。それが我々の困難につながっている。心配しているとは言わないが、継続性が必要だ。今年大きなことを成し遂げようと思ったら、もっと命がけで試合に取り組まなければいけない」と述べ、試合に臨む姿勢に改善の余地があるとした。
 22日にはチャンピオンズリーグでガラタサライと対戦するレアル・マドリー。この敗戦からのリアクションに注目だ。


※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:フットボールチャンネル
URL:https://www.footballchannel.jp/2019/10/20/post343696/