日本代表DF吉田麻也の所属するサウサンプトンは現地時間24日、リーグカップ3回戦でポーツマス(3部相当)と対戦し、4-0の勝利を収めた。吉田は先発フル出場して完封勝利に貢献。英データサイトの選出する3回戦のベストイレブンに選出されている。
 サウサンプトンは2回戦でチャンピオンシップ(2部相当)のフルハムを1-0で下し、3回戦に進出。吉田はポーツマス戦でポーランド代表DFヤン・ベドナレクとセンターバックでコンビを組んで出場し、90分間を無失点に抑えて次ラウンド進出に貢献した。
 この結果を受け、英データサイト「WhoScored.com」はリーグカップ3回戦のベストイレブンを選出。ノッティンガム・フォレストに5-0の大勝を収めたアーセナルから4人が選出されて最大勢力となるなか、吉田は同僚GKアレックス・マッカーシーとともに名を連ねている。
 吉田のプレーには8.23のレーティングが付き、「7回の空中戦での勝利はセインツ(サウサンプトンの愛称)の4回戦進出の後押しとなった。5回のインターセプト、4回のクリアと2回のタックルによって、日本人センターバックは守備の中心を担った」と評された。下部カテゴリー相手とはいえ、各種のデータがアベレージの高いプレーを裏付けている。
 サウサンプトンは現地時間29日の4回戦で、昨季王者のマンチェスター・シティと敵地で対戦予定となっている。好パフォーマンスを継続し、王者を打ち倒して準々決勝に進出したいところだ。
「WhoScored.com」選出、リーグカップ3回戦のベストイレブンは以下のとおり。
GKアレックス・マッカーシー(サウサンプトン)
DFカラム・チェンバース(アーセナル)吉田麻也(サウサンプトン)クルト・ズマ(チェルシー)ジェームズ・ミルナー(リバプール)
MFデマライ・グレイ(レスター)ジョー・ウィロック(アーセナル)ユーリ・ティーレマンス(レスター)リース・ネルソン(アーセナル)
FWガブリエル・マルティネッリ(アーセナル)ミシー・バチュアイ(チェルシー)
【CL開幕!登録初月無料!】2019-20シーズンのチャンピオンズリーグ・ヨーロッパリーグもDAZNが独占配信!


※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
URL:https://www.football-zone.net/archives/220245