今月23日、イタリアのミラノで「ザ・ベスト・FIFA・フットボール・アウォーズ」が催される。今年の世界最優秀選手(男女)、世界最優秀監督(男女)などが発表されて表彰を受けるのだが、この中に「ファン・アウォード」というあまり目立たない賞がある。
 2016年に創設され、2016年はドルトムントとリバプールのサポーター、2017年はセルティック・サポーター、昨年はペルー代表サポーターが受賞した。今年は、ブラジルのシルビア・グレッコさん、ウルグアイのフスト・サンチェスさん、今年の女子ワールドカップ(W杯)で自国代表に熱い応援を送り続けたオランダ代表サポーターがノミネートされている。
生まれつき盲目で自閉症のニコラス君の母親。 シルビア・グレッコさんは、生まれつき盲目で自閉症のニコラス君(11)の母親だ。
 ただし、生みの親ではない。「一人娘が成人したので、もう一人子供が欲しいと思い」(シルビアさん)、子供を育てる能力が乏しい親の赤ちゃんの養子縁組を申し込んだ。シルビアさんの前に、12人の親の候補者がいたが、赤ちゃんに障害があるとわかると皆尻込みした。シルビアさんは、「ニコラスは、私の息子になる運命だったのよ」と言って大喜びで受け入れ、実子と変わらぬ愛情を注いだ。
googletag.cmd.push(function() { googletag.display('div-gpt-ad-1568261389535-0'); });

※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:海外サッカー - Number Web
URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/840740