3節を終えて1勝2敗。久保建英の加入で注目を集めたマジョルカは、勝ち点3の14位という成績で代表ウィークによる中断を迎えた。
 2-1で制したエイバルとの開幕戦は、開始早々に先制できたことで堅守速攻の得意な展開に持ち込むことができた。だがその後の2試合は完封負け。いずれも前半は善戦していたのだが、決めるべきところを決めきれない詰めの甘さが勝敗に響いた印象だ。
 とはいえマジョルカは7シーズンぶりのプリメラ(1部)昇格で、わずか2シーズン前はセグンダBで戦っていたチームなのだから無理もない。この3試合で先発した11人のうち、プリメラでのプレー経験が豊富と言えるのは34歳のマノロ・レイナと35歳のサルバ・セビージャ、2人のベテランしかいなかった。
昨季とほぼ変わらない顔ぶれ。 自身もプリメラ初挑戦となるビセンテ・モレノ監督は、今季で就任3季目となる。コンパクトに整ったブロック守備とスピーディーで直線的な速攻を武器に、2季連続の昇格という偉業を成し遂げた、売り出し中の指導者である。
 44歳の指揮官は守備面で緻密なポジショニングとハードワークを求め、昨季までに作り上げたベースを重視したチーム作りを行っている。3節までに先発起用した新加入選手は左SBのルモール、2列目のフェバスの2人のみで、他の9人は昨季の顔ぶれと変わっていない。
 守護神レイナと右SBのサストレ、CBのバルイェント、ライジョは不動。左SBの定位置は9月2日に加入したラフマンがルモルと争うことになる。
 中盤では昨季終盤に台頭したカンテラーノ、驚異のスタミナと機動力を誇るガーナ人MFババが守備に奔走。その横で司令塔のサルバが攻撃を組み立て、レアル・マドリー出身のフェバスはよりFWに近い位置でチャンスメイクを担う。
 左サイドのファーストチョイスは昨季チーム最多11ゴールを記録したラゴ・ジュニオル。右のダニ・ロドリゲスと同様に馬力ある突破力を武器とするフィジカル系アタッカーで、2人は守備面のハードワークも含めて欠かせない存在となっている。


※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:海外サッカー - Number Web
URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/840636