吉田麻也【写真:Getty Images】
 日本代表は現地時間7日、2022年ワールドカップ・カタール大会アジア2次予選のミャンマー戦に向けて練習を行った。DF吉田麻也は、結果が最優先であることを強調している。
 主将を務める吉田は、「内容どうこうよりもまずは結果」とアピール。「アウェイでしっかり勝ち点3を持って帰るというのが初戦のミッションなので、そこだけに集中しています」と語った。
 そのためには、「リスクは極力背負わずにやる」と吉田。「特に後ろの選手はやらなきゃいけなくなってくると思う。もしかしたら、淡泊な試合になるかもしれない。それでも予選を勝ち抜くというのが大事で、この試合から新しいワールドカップへのスタートだと思っている」と述べている。
 主将として、吉田はメンタル面でもチームをけん引していかなければいけない。「どんな大会でも、初戦っていうのは非常に難しいと思う。前回のように失敗しないように、フィジカル的にもそうですけど、やっぱりメンタル的に良い準備をしなければいけないと思います」。
(取材:元川悦子、文・構成:編集部)


※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:フットボールチャンネル
URL:https://www.footballchannel.jp/2019/09/08/post337532/