ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イエニスタは、23日に行われたJ1リーグ第24節サガン鳥栖戦で、圧巻の50メートル超のボレーパスからチャンスを演出。同胞の元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスの引退試合で見せた珠玉のプレーに、海外メディアは「イニエスタ狂騒曲」と報じている。
 盟友トーレスの現役ラストゲームで、イニエスタが驚きのプレーを見せた。2-0で迎えた前半22分、自陣左サイドで中央からの浮き球パスを受けたイニエスタは、FW田中順也へワンタッチパス。田中の頭でのリターンに、イニエスタはトラップすることなく右足を振り抜く。
 華麗なダイレクトボレーによって放たれた50メートル超のロングパスは、美しい弧を描きながら右サイドで相手最終ラインの裏へ走り出していたFW古橋亨梧の元へ完璧なタイミングで到達。最後は切り返した古橋のパスを受けた田中が、左足を豪快に振り抜きネットを揺らした。
 判断、パス精度、視野の広さともに文句なし。スペイン紙「AS」チリ版は「イニエスタ狂騒曲」と題して、完璧なワンシーンを振り返っている。
「イニエスタのゴールの贅沢ぶりを物語っている。日本の実況の驚きは、(イニエスタの)信じられないほどの素晴らしさを示している」
 35歳となっても、その高い技術はまったく衰える気配を見せていない。


※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
URL:https://www.football-zone.net/archives/212933