バルセロナはパリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマール獲得交渉のため、責任者がフランスに向かったと英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じている。
 バルセロナとレアル・マドリードがネイマール獲得に興味を示す一方、PSGはブラジル代表FWの残留を希望。メガクラブによる“三つ巴”の移籍騒動となっている。
 PSGはリーグ・アンの開幕節ニーム戦で3-0と勝利を収めたが、去就問題に揺れるネイマールはベンチ外で欠場。サポーターの中には、ネイマールに対して「出ていけ」と退団を訴えるような横断幕を掲げる者もいた。
 複雑な事情が絡み合う状況だが、ここに来てバルセロナが獲得に向けた動きを加速させたようだ。スペインメディアでは、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシが宿敵レアルへの移籍を阻止するためにネイマールへ助言をしたとも報じられていたが、「スカイ・スポーツ」の最新レポートによれば、バルセロナの責任者がネイマール獲得交渉のためにフランスへ向かったという。
 バルセロナへの移籍が決まれば、ネイマールは2年ぶりの復帰。メッシ、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスという強力3トップ「MSN」が再結成されることにもなる。レアルも今夏のトップターゲットとしてその動向を追い続けているが、残り3週間を切った移籍マーケットで世界が注目するビッグディールは実現するだろうか。


※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
URL:https://www.football-zone.net/archives/210536