ブレーメン移籍が決まったエメル・トプラク【写真:Getty Images】
 ブレーメンは11日、ボルシア・ドルトムントから元トルコ代表DFエメル・トプラクをレンタルで獲得した事を発表した。契約期間は2020年まで。
 契約書にサインを終えたトプラクは「ここでプレーするチャンスを得る事が出来て幸せだ。クラブのコンセプトに共感したし、これからチームの進化に貢献出来るように頑張りたい」と意気込みを語った。
 またブレーメンのフロリアン・コーフェルト監督は「エメルは長い間トップレベルでプレーしてきた選手だ。彼がこのクラブを選んでくれてとても嬉しく思っている」とコメントしている。
 ブレーメンは守備陣に多くの負傷者が出ておりトプラクをターゲットにしていたようだ。一方のトプラク側もドルトムントでは昨季公式戦わずか1試合の出場に留まり、今季はマッツ・フンメルスやマヌエル・アカンジなどの存在もあり出場機会が得られないと考えていたようだ。それ故、今回の移籍は両者の思惑が見事に一致した形となったようだ。


※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:フットボールチャンネル
URL:https://www.footballchannel.jp/2019/08/12/post334046/