2022年のカタールW杯へのサバイバルが、いよいよ輪郭を帯びた。9月開幕のアジア2次予選の組み合わせが決まったのである。
 2次予選は40の国と地域を8つのグループに分け、ホーム&アウェイで争われる。各グループの1位に加えて2位のなかで成績上位の4チームが、最終予選へ進出する。
 アジア2次予選は2023年のアジアカップ予選を兼ねているため、W杯開催国のカタールも参加している。この現アジアカップ王者がグループ首位か2位の成績上位4チームに入ると、2位チームで成績上位の5番目のチームが繰り上げられる。いずれにしても、日本には無関係だろう。
西野監督、吉田監督、本田の挑戦。 ポットと呼ばれるシード分けは6月時点のFIFAランキングに基づいており、日本はイラン、韓国、オーストラリア、サウジアラビアらとともに第1ポットに入った。この段階では“死のグループ”は生まれないものの、前回の最終予選を戦ったチームが同居するグループもある。
 中国とシリアのグループA、イランとイラクのグループC、サウジアラビアとウズベキスタンのグループD、UAEとタイのグループGは、首位争いが白熱しそうだ。
 グループGには今冬のアジアカップで8強入りしたベトナムも同居している。タイを率いることになった西野朗監督は、短い助走期間でタフな戦いに挑むこととなる。
 本田圭佑が実質的な監督を務めるカンボジアは、イランのグループCに入った。柏レイソルやヴァンフォーレ甲府で采配をふるった吉田達磨監督が統べるシンガポールは、サウジアラビアのグループDである。グループ内のパワーバランスでは、どちらも最終予選進出が難しい立場と言える。


※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:サッカー日本代表 - Number Web
URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/840091