アルジェリア代表は14日、アフリカ・ネーションズカップ準決勝でナイジェリアと対戦し、2-1の勝利を収めて決勝進出を果たした。後半アディショナルタイムにMFリヤド・マフレズ(マンチェスター・シティ)が決めた弾丸FKが決勝弾となり、海外メディアから「衝撃的なFK」「魔法の左足」と絶賛されている。
 アルジェリアはケニア、セネガル、タンザニアと同居したグループリーグを全勝で突破。ラウンド16でギニア、準々決勝ではコートジボワールを破り、準決勝に駒を進めている。そして迎えたナイジェリア戦、前半40分にオウンゴールで先制したものの、後半27分にPKで同点とされたなか、同アディショナルタイムに衝撃のゴールが生まれることとなる。
 アディショナルタイムも5分に差し掛かろうかというタイミングで、アルジェリアはペナルティーエリアすぐ外、右寄りからのFKを獲得。キッカーを務めたのが、昨季のプレミアリーグ最終節で優勝を決定づけるゴールを挙げたマフレズだ。助走をとって勢いよく左足を振り抜くと、凄まじいスピードの“弾丸シュート”がファーサイドに突き刺さった。ラストプレーでのゴールにより勝利を手繰り寄せたアルジェリアが、決勝進出を決めている。
 英公共放送「BBC」は「マフレズの衝撃的なFKがアルジェリアを決勝に導く」と報じ、「試合が延長戦に入ろうかというところで、マンチェスター・シティのマフレズは鋭いキックをトップコーナーに突き刺した」とゴールを描写。英メディア「スポーツ・バイブル」が「鋼のメンタルを持つマフレズが、魔法の左足で破壊した」と称賛すれば、英ラジオ局「talkSPORT」は「チームメートとともに高揚して大混乱」と喜びの様子を伝えている。
 延長突入直前の衝撃FKで準決勝を突破したアルジェリア。現地時間19日、セネガルとのアフリカ・ネーションズカップ決勝戦に臨む。


※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
URL:https://www.football-zone.net/archives/203846