Rマドリードに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスの移籍先は、Aマドリードになるのかもしれない。スペイン『マルカ』が報じている。
 ここ2シーズンをレンタルによってBミュンヘンで過ごし、同クラブが買い取らなかったためにRマドリードに復帰することになったハメス。しかしRマドリードは同選手との関係が良好ではなく、バイエルン移籍のきっかけとなったジネディーヌ・ジダン監督が復帰を果たしたため、また違うクラブに移籍することが噂されていた。
 これまで、ハメスの移籍先の最有力候補とされていたのはナポリだったが、ここに来て事態は急展開を迎えることになった。『マルカ』曰く、Rマドリードの同じ町のライバル、アトレティコがハメス獲得に大きく近づいているとのことだ。
 ハメスはスペイン首都に再び住むこと、アトレティコでプレーすることを熱望してナポリ移籍を取りやめた模様。このアトレティコ移籍オペレーションを知る関係者によれば、移籍は「実現に近いところまで来ている」という。
 もしハメスがRマドリードからアトレティコに移籍するとすれば、MFマルコス・ジョレンテに続いて、今夏二つ目の”禁断の移籍”が実現することになる。(Goal.com)


※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:「サッカー」の最新ニュース - SANSPO.COM(サンスポ・コム)
URL:https://www.sanspo.com/soccer/news/20190714/spa19071408060004-n1.html