「正直、今日の後半みたいなプレーって、もっと歳をとってからでもできると思うんです」
 ベルギーのロケレンへ1年間の期限付きで移籍した天野純は、旅立つ2週間前の松本山雅戦のあと、筆者にそんな風に打ち明けた。
 そのホームゲームでは、後半に彼が低い位置からボールを動かすことによって、横浜F・マリノスはリズムを掴み、終盤に決勝点をもぎ取って勝利を収めた。
 それでも27歳のレフティは、勝利を喜びつつも、どこかふっきれない表情を浮かべていたように思う。いま振り返れば、その印象はさらに濃くなる。
「いまはもっともっと相手にとって危険なプレーヤーになりたいですし、もっと得点に絡みたい。そういう思いは強い。でも試合に出させてもらっている以上、監督に求められていることを全うしないといけないですよね」
10番としての責任と自身の理想。 マリノス伝統の背番号10をまとう主将は、自身の理想とチームへの責任の狭間で揺れていた。ただ実際のピッチ上では、アンジェ・ポステコグルー監督の期待に応えるべく、彼の動きは“責任”の方に振れていた。
 けれど天野の内奥にあるフットボーラーとしての“理想”は、20代後半の自分にやってきた国外からのオファーを拒むことを良しとしなかった。
 外に出ただけで、殻を破れるわけではない。しかし環境の変化が何かのきっかけになることはある。「腹をくだして長いこと考えた」結果、天野は好調のチームと「最高の仲間とファン」のもとを離れ、ベルギーで「ひと旗上げ」ることを決意した。
「数年前に感じていたような成長速度(が感じられなくなっていた)。もうひと皮むけるべきなのに、それができていない。停滞感をすごく感じていて、何かを変えなければいけないと、今季はずっと思っていました」
 天野の壮行試合となった七夕前日の大分トリニータ戦のあと、多くの記者に囲まれた彼はそう言った。


※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:Jリーグ - Number Web
URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/839966