スペインの名門レアル・マドリードは現地時間9日、北米遠征のためカナダ入りした。スペイン紙「AS」の公式ツイッターは、一行が現地のホテルに到着の様子を動画で投稿して熱狂ぶりを伝えたなか、海外ジャーナリストは日本代表MF久保建英の“加入効果”について「完全にクレイジー」と驚愕している。スペインメディア「El Espanol」が伝えた。
 今季、FC東京の主力としてリーグ戦13試合で4ゴールをマークした久保は、6月9日の国際親善試合エルサルバドル戦(2-0)で史上2番目の若さとなる18歳5日でA代表デビュー。同月のコパ・アメリカ(南米選手権)でも全3試合に出場し、ブラジルの地でレアル移籍が決まった。
 久保は今季レアルB(カスティージャ)でスタートを切るが、トップチームの北米遠征メンバーに選出。7月20日にバイエルン・ミュンヘン(ヒューストン)、23日にアーセナル(ワシントンDC)、26日にアトレチコ・マドリード(イースト・ラザフォード)とのプレシーズンマッチに臨む。
 9日にクラブ公式ツイッターがカナダへ向かう飛行機に搭乗する様子を捉えた動画をアップし、さらにカナダのホテルに到着したシーンも投稿。スペイン紙「AS」はレアル一行がバスから降り、ホテルに入っていく際の熱狂ぶりを映像で伝えている。


※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
URL:https://www.football-zone.net/archives/202748