U-20フットサル日本代表が、新たな歴史の扉を開いた。イランのタブリーズで開催されている U-20アジアフットサル選手権は18日に準々決勝が行われ、U-20フットサル日本代表がU-20フットサルイラク代表を2-0で破り、初のベスト4進出を決めた。
 立ち上がり、日本はFP本石猛裕が相手のマークを上手く外してボールを受け、攻撃の基準点を作っていく。イラクも時折、個の能力を生かしてミドルシュートを放ってくるものの、日本のプレッシングが機能して相手に攻撃の形を作らせなかった。
 良い守備で試合の主導権を握った日本は、前半5分に自陣からロングカウンターを仕掛け、ボールを運んで行ったFP萩原真夏が右足で先制点を決めた。その後も日本は2分強でセット交代を繰り返し、常にイラクに対してプレッシングをかけられる状態をキープして、試合の主導権を握り続けた。
 時折、ゴールを襲ってくるシュートには、この日が誕生日のGK田淵広史が対応した日本は、前半終了間際にもチャンスを作る。しかし、FP山田凱斗の落としを受けたFP山田慈英はシュートを枠に飛ばすことができず、前半は1-0のまま終了する。
 後半、日本はFP橋本澪良の負傷もあり、これまでの3セットを崩しながら戦うことになる。これまでの試合であまり組んでいない選手の組み合わせになることが増えたが、チームの土台になる堅守は維持された。良い形でボールを奪い、フィニッシュに持ち込む日本だが、追加点を挙げることができない。
 残り7分半でイラクはFPがGKを務めるパワープレーを開始し、5人でボールを回して攻め込んできた。それでも日本は守備の集中を保ち続け、イラクに得点を許さない。逆に後半18分には相手の攻撃をしのぐと、GK田淵のスローからFP松川網汰が待望の追加点を挙げた。
 日本は最後まで守備の集中を切らさず、今大会初の完封勝利。2年前、同じ準々決勝でイラクに敗れた日本だが、今回はその雪辱を晴らし、大会初のベスト4進出を成し遂げている。
 試合後の記者会見では、イラク代表のアリ・タリブ監督が日本について、「この年代のアジアのフットサルに新たなスタイルを持ち込んだ。彼らが日本の黄金世代となるだろう。決勝に勝ち進むのは、日本とインドネシアになるのではないだろうか」と絶賛した。この言葉を現実とするためには、まず20日に行われる準決勝で開催国イランに勝たなければならない。


※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
URL:https://www.football-zone.net/archives/197475