森保ジャパンも出場するコパ・アメリカに出場するアルゼンチン代表は、現地時間16日にグループリーグ初戦でコロンビア代表と対戦する。強豪との一戦に向けて調整を続けるなか、エースのFWリオネル・メッシ(バルセロナ)のポスト直撃弾が「ノーゴールでもマスタークラスだ」と海外メディアがスポットライトを当てている。
 今季リーグ戦34試合で36ゴールを挙げて得点王を獲得し、3年連続6度目のゴールデンシュー(欧州得点王)に輝いたメッシ。14日にブラジルで開幕するコパ・アメリカでも活躍が期待される選手の1人だ。
 そんななか、スペイン紙「マルカ」の公式ツイッターが、アルゼンチン代表の練習におけるあるワンシーンを動画で公開している。
 映像では、ペナルティーエリア内でボールを拾ったメッシが、鮮やかなシュートフェイントからの切り返しでマーカーのスライディングをかわし、ドリブルから左足を一閃。フリーで放ったシュートは完全に得点かと思われたが、惜しくも左ポストに嫌われてゴールはならなかった。手ごたえがあったのか、ポスト直撃にメッシも思わず天を仰いでいた。
「メッシはノーゴールでもマスタークラスだ」
 投稿のコメント欄には、「フットボールの神」「エンターテイナー」「メッシは諦めない。次に必ず決める」といった反応が寄せられている。
 バイエルンへのレンタル期間満了でレアル・マドリード復帰が発表されたMFハメス・ロドリゲスらを擁するコロンビア相手に、メッシの左足が火を噴くか。大きな注目ポイントになりそうだ。


※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
URL:https://www.football-zone.net/archives/195896