眼光ギラリ、筋肉バキバキ、髪ツンツン。
 その見た目と、闘志むき出しで相手の攻撃をつぶすプレースタイルどおり。鹿島に入団したばかりの植田直通は、武骨で、寡黙で、硬派な印象だった。インタビューをしても、太く短い答えばかりが返ってくる。唯一、西野カナの歌詞の素晴らしさについて語るときのみ、饒舌だった。
 24歳になった今も、鋭いまなざし、ワイルドな髪型は変わらない。肉体はむしろ厚みを増した。ただ、取材中に発するオーラは、明らかに柔らかくなった。お気に入りのアーティストは、Little Glee Monsterになった。
「試合中のオーラまで柔らかくなっていたら、嫌ですけどね(笑)。もともと人見知りで、取材で話すのも嫌だったんです。それが、鹿島での5、6年目くらいからなくなりました。なんか、人と話すのが楽しくなったんですよね」
“なんとかなるだろ精神”。 昨年7月、ベルギーへ渡った。初の海外移籍となれば、サッカー以外でのトラブルやハプニングも「数え切れないほど」ある。そんな日々を語る際も、本人はどこか楽しそうだ。
「あっちに行って、焦ることはなくなりました。“なんとかなるだろ精神”ですね。レストランで、頼んだメニューと違うものが出されたとしても、『しゃあないな。食べてみて美味しければ発見だ』って考える。ブルージュの街は綺麗で、人も良くて、過ごしやすいんですよ。
 だから本来はインドア派の僕も、できるだけ外に出るようにしています。鹿島時代は、やっぱり顔でバレてしまうので、スーパーで買い物中にかごの中を見られて『植田、今日の夕食はカレーか』なんて思われてたはずですけど(笑)。ベルギーでは、僕に気づく人もいませんからね」


※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:サッカー日本代表 - Number Web
URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/839632