ブラジルサッカー連盟は16日、今月フランスで開幕する女子ワールドカップに向けたメンバーを発表した。
今回のワールドカップではグループCに入っており、オーストラリア、イタリア、ジャマイカと対戦する予定となっているブラジル。
それに向けて招集された23名の選手の中には、昨年の南米選手権に続いて41歳のMFフォルミガの名前もあった。
ミライウジス・マシエウ・モタ、通称「フォルミガ」は1978年生まれ。サンパウロでプレーしていた17歳の時、1995年の女子ワールドカップに出場している。
それからワールドカップには1999年、2003年、2007年、2011年、2015年と連続出場。これは澤穂希と並んで男女サッカー史上最多記録となっている。
2016年には一度代表を引退していたが昨年復帰しており、今回のワールドカップで世界記録を更新することになりそうだ。
【関連記事】来年は女子W杯!2018年ラストマッチで注目すべき「5人のなでしこ」
なお、もし来年までブラジル代表に残っていた場合、東京五輪において「オリンピック7大会連続出場」というサッカーの歴史上最多記録も更新することになる。


※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:Qoly
URL:https://qoly.jp/2019/05/17/brazil-womens-national-team-called-up-formiga-who-played-for-7-times-world-cup-kgn-1