来季の覇権奪還を目指すレアル・マドリードが、早くも今夏2人目の新戦力獲得を決めたようだ。衛星放送「スカイ・スポーツ」ドイツ版がフランクフルトのセルビア代表FWルカ・ヨビッチの移籍決定を報じている。5年契約で移籍金は6000万ユーロ(約74億円)、年俸総額5000万ユーロ(約61億円)のビッグディールとなる。
 元日本代表MF長谷部誠の同僚であるヨビッチは今季、ブンデスリーガで31試合17ゴールをマーク。得点ランキングでポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキ(22得点/バイエルン)、スペイン代表FWパコ・アルカセル(18得点/ドルトムント)に次ぐ3位に付けている。また、ベスト4まで駒を進めたUEFAヨーロッパリーグ(EL)でも10得点と大ブレイクの1年となった。
 スペインの強豪バルセロナへの移籍も噂されていたが、争奪戦を制したのは“白い巨人”ことレアルとなったようだ。21歳のストライカー獲得でフランクフルトと移籍金6000万ユーロ、年俸1000万ユーロ(約12億円)で合意し、獲得が決定。移籍金のうち、1200万ユーロ(約15億円)はヨビッチの古巣であるベンフィカに支払われる。
 ジネディーヌ・ジダン復帰で新体制となったレアルは、すでにポルトから21歳のブラジル代表DFエデル・ガブリエル・ミリトンの獲得を発表しており、来季に向けて早くも2人目の新戦力が決まった。そのうえ、チェルシーのベルギー代表MFエデン・アザールの獲得も確実視されている。
 UEFAチャンピオンズリーグ4連覇を逃し、リーガでも宿敵バルセロナとアトレチコ・マドリードの後塵を拝する結果となったレアル。逆襲のシーズンに向けて、早くも移籍市場で積極的な動きを見せている。


※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
URL:https://www.football-zone.net/archives/189447