ライアン・セセニョン【写真:Getty Images】
 フラムに所属する18歳のU-21イングランド代表MFライアン・セセニョンが、トッテナム移籍を望んでいるようだ。15日に英メディア『BOLA』が報じている。
 今季プレミアリーグで戦ったフラムだが、19位に終わり2部降格が決定。それに伴い、何人かの主力選手が出て行くと考えられている。セセニョンもその中の一人で、トッテナムやマンチェスター・ユナイテッドが獲得に動いていた。
 同メディアによると、ユナイテッド移籍の可能性は消滅したという。理由は2つあり、1つ目はルーク・ショーのバックアッパーとなる可能性が高く、出場機会が限られると感じているため。2つ目は、ロンドン在住を望んでおり、マンチェスターに移住することを拒んでいるからだという。そうなると、移籍先の最有力となるのはトッテナムだ。
 今季トッテナムは補強せず、現有戦力だけで2018/19シーズンを戦っていた。それでもプレミアリーグでは4位、チャンピオンズリーグ(CL)では決勝進出の好成績を残している。ただ、トッテナムを率いるマウリシオ・ポチェッティーノ監督は補強を望んでおり、来季は何人かの選手がチームに加わる見通しだ。


※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:フットボールチャンネル
URL:https://www.footballchannel.jp/2019/05/16/post321652/