今季終了後にアトレティコ・マドリー退団を発表したアントワーヌ・グリーズマン【写真:Getty Images】
 アトレティコ・マドリーに所属するフランス代表のFWアントワーヌ・グリーズマンが今季終了後にクラブを退団する事を発表した。
 グリーズマンは14日、クラブ公式ツイッターで「この5年間はファンタスティックな瞬間だった。しかしこれからは新しい事への挑戦が必要で、他のものを見なければならない」と退団理由を語った。
 グリーズマンは2014年にレアル・ソシエダからアトレティコに加入する。移籍直後からレギュラーを獲得するとこれまで公式戦256試合に出場し133得点50アシストを記録している。
 なおグリーズマンの移籍先の最有力候補としてバルセロナの名前が挙がっている。28歳のレフティーは昨夏にバルセロナへの移籍が噂されていたがアトレティコ残留を明言した。しかし先日、仏メディア『フットメルカート』はバルセロナが再びグリーズマン獲得に向け動いていると報じていた。
 現在、2億ユーロ(約250億円)に設定されているグリーズマンの移籍解除金は7月1日からは1億2000万ユーロ(約150億円)に減額される。果たして来季のグリーズマンはどのチームのユニフォームを着てプレーする事になるのだろうか。


※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:フットボールチャンネル
URL:https://www.footballchannel.jp/2019/05/15/post321498/