2つのPKを決めたポール・ポグバ【写真:Getty Images】
 マンチェスター・ユナイテッドは13日のプレミアリーグ第34節でウェスト・ハムに2-1で勝利した。オレ・グンナー・スールシャール監督は、「ラッキーな勝ち点3」だったことを認めている。英『スカイ・スポーツ』が指揮官のコメントを伝えた。
 チャンピオンズリーグ準々決勝の間の試合とはいえ、ミスが目立ち、判定にも助けられたユナイテッド。ウェスト・ハム戦の内容は理想とは程遠かった。
 スールシャール監督は、「隠すことはできない。時には内容を上回る結果を手に得ることがある。それが今日だった。ワトフォード戦もそうだ」と認めている。
 ただ、「ウォルバーハンプトン戦とアーセナル戦、我々が落とした2つのアウェイゲームについては、勝つべきだった。結局、長期的に考えればイーブンなんだ」との見解を示した。
「それもで、勝ち点3はラッキーだった。相手がバルセロナではなくてよかっただろう。もちろん、ウェスト・ハムも良いプレーをしていた。我々より良く、より多くのチャンスをつくっていたよ」
 内容は良くなかったとしても結果を手にしたユナイテッド。16日に行われるバルセロナ戦では、狙い通りのプレーで結果をつかむことができるだろうか。


※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:フットボールチャンネル
URL:https://www.footballchannel.jp/2019/04/14/post317623/