2019シーズンの浦和レッズが欲した新戦力は、日本代表クラスのタレントだ。中村修三ゼネラルマネジャーは、「天皇杯を制したことでACL出場権も得られ、各ポジションに代表クラスの選手を揃えないといけない。
 同時に先を見据え、年齢構成も考え、外国籍選手も含め「20代」であることにプライオリティーを置いて補強をしました」と新体制発表会で説明した。ACLと国内3冠を狙う、と口にするのは容易い。現実的に目標を達成しうる戦力を整えた。
 その1人が横浜F・マリノスから完全移籍で加入した山中亮輔だ。
 3バックと4バックに対応できて、日本代表クラスで左利きのサイドバック。宇賀神友弥や槙野智章が担ってきたポジションでもある。
年明けに届いた大型オファー。 年明け、山中のもとに大型オファーが届いた。横浜残留が基本線だったが、浦和からの契約条件に本気度が示されていた。同時に横浜に対する誠意を示すために、「横浜の始動日」までに決断を下した。
「F・マリノスの始動日が早かったので、それまでには決めようと思いました」
 正式発表はまさに横浜の始動日の1月10日朝だった。
 山中が浦和行きを決断した理由は挑戦だ。あらゆる挑戦の連続によって現在の自分がいる。不安もリスクもあるが、ゼロからの挑戦によって這い上がってきたという自覚があった。
「F・マリノスに残れば、ある程度、試合に出られることが計算できました。ただ、そういった環境では自分の場合はプレーが良くなくなると感じてきました。厳しい環境で毎日、少しでも気を抜いたら(ポジションを)取られるとか、最初から試合に出られると決まっていない環境に身を置いたほうが、選手としてレベルアップできると感じました。
 簡単に試合に出られるとは思っていません。厳しい競争が待っています。それに勝って、しっかり活躍できるように頑張ります」


※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:Jリーグ - Number Web
URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/833380