「お願いだ、これが夢なら覚めないでほしい」
 昨年の暮れから、アタランタのペルカッシ会長の夢見心地が続いている。
 シーズンの半分を終えたセリエAの総得点ランキングで、アタランタが首位に立っているからだ。
 前半戦19試合で彼らはC・ロナウド擁する絶対王者ユベントスや強豪ナポリを凌ぐ39ゴールを奪った。
 前半戦での、という但し書きがつくとしても、最多得点チームの栄誉はクラブ史上初。快挙と新年を祝う会長がついつい発泡ワインのグラスを空け過ぎても許されるだろう。
 守備の国イタリアの勝利至上主義に彼らは挑戦状を叩きつけている。アタランタの攻撃サッカーは、甘美で刺激的な現実だ。
サパタとイリチッチが得点量産。 北都ベルガモには今季も伏兵と曲者プレーヤーたちが揃った。
 チームの稼ぎ頭は昨夏入団し、年の瀬までに2桁ゴールを上げたFWサパタだ。
 クラブ史上最高額となる2600万ユーロを工面して獲得されるも、開幕当初は鳴かず飛ばず。しかし、ナポリとの12月の初戦でようやく今季2ゴール目を上げると、その後の5試合で8発を追加し怒涛の月間9ゴールを上げた。
 サパタが伝説のボンバー、ノルダール(ミラン)が69年前に打ち立てた月間最多得点記録「10」に迫る歴史的ゴールラッシュを披露すれば、2トップを組む僚友FWイリチッチは6-2と大勝した昨年の最終戦サッスオーロ戦で、後半途中62分からの出場にも関わらずトリプレッタ(=ハットトリック)の離れ業を演じてみせた。
 シーズンの序盤を首リンパ節への感染症で棒に振った後、9節キエーボ戦でのハットトリックに続く固め打ちだった。
 イリチッチはまだ昨シーズン中だった今年3月のベローナ戦でも3発を決めており、2018年中に3度もハットトリックを達成したことになる。昨年、欧州5大リーグでそんな偉業を実現させたのは、他にメッシ(バルセロナ)とアグエロ(マンチェスター・C)しかいない。


※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:海外サッカー - Number Web
URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/833119