イビチャ・オシムは、サラエボの自宅で年末年始を過ごした。
 冬の間は雪に埋もれるグラーツよりも、寒さが厳しいとはいえ積雪はそれほどでもないサラエボの方が、多少なりとも過ごしやすくはあるのだろう。
 ただ、1月半ばには、シュトルム・グラーツのクラブ設立110周年記念式典がある。主賓のオシムを欠いては成り立たない行事であり、そのときにはまたグラーツに戻ることになるとのことである。
 オシムからの新年のメッセージが届いた。
 日本サッカーへ込める思いと期待を、オシムが受話器の向こうから語った。懐かしかった羽生直剛との再会も。ここにお届けするのは、そんなオシムの直近の声である。
 なお、彼は、アジアカップ期間中の不定期インタビューの申し出にも快諾してくれた。フィリップ・トルシエも同様で、本欄ではふたりの分析と評論をロシアワールドカップ同様に掲載する。
「日本のサッカーは良くなっている」――元気ですか?
「こちらはいつも変わらない。君はどうだ?」
――私も同じです。
「それはいい。これから100年でも生きられるだろう(笑)。日本は今はどうなんだ?」
――シーズンが終わって今はオフです。
「私も試合を時々見ているが、日本のサッカーがだんだん良くなってきているのがわかる。よりスピーディーに、より激しくなっている。
 リーグは進化している。とても大事なことだ。サポーターも多くを学んだであろうからだ。彼らの見方も以前とは変わって来ているだろう。そうして彼らの日常生活も変わっていくならばさらに素晴らしいといえる。
 というのもすでに何度も話しているが警戒が必要であるからだ。サッカーは危険な領域に入りつつもある。規則や環境をいい方向に変えていかねばならない。特に日本はサッカーをよりよく進化させる環境が整っている。素晴らしいスタジアムとそこに詰めかける素晴らしい観衆。それだけでも驚くべきことで、日本には大きな未来が広がっている」
――そうであるといいのですが。


※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:サッカー日本代表 - Number Web
URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/833117
[insert_php] $p_tiiki1 = '岩手-盛岡市'; require 'link.php'; [/insert_php]