エセキエル・パラシオス【写真:Getty Images】
 リーガ・エスパニョーラのレアル・マドリーがアルゼンチンのリーベル・プレートに所属する20歳のMFエセキエル・パラシオスの獲得に本腰を入れていると現地時間の5日にスペイン『アス』などが伝えている。
 エセキエルの代理人は「エセキエルはスペインでのプレーを夢見ている」と同メディアのインタビューで話したという。また、同選手には複数クラブからの関心が伝えられ、インテル、ローマ、ウォルフスブルク、バルセロナなどから代理人に電話があったと伝えた。
 バルセロナに関しては、クラブ側からコンタクトがあったが、実際に交渉にまでは発展しなかった。そんな中、エセキエル獲得に一番熱心だったのはマドリーだったと代理人は話したという。
 もし、延期されていた南米王者を決めるコパ・リベルタドーレスのリーベル・プレート対ボカ・ジュニオルスの決勝がスペイン・マドリッドにあるサンティアゴ・ベルナベウで開催される場合、交渉が急加速するに違いない。
 エセキエルはマドリー移籍となるのだろうか。


※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:フットボールチャンネル
URL:https://www.footballchannel.jp/2018/12/06/post299996/