2011年7月、FIFA女子ワールドカップでの優勝は、東日本大震災の影響が色濃く残る日本に明るさをもたらした。
中心メンバーとして優勝に貢献した鮫島彩は、当時24歳。震災でクラブが活動を自粛したため、単身ボストンへと渡ったなかで掴んだ快挙だった。


※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:サッカー日本代表 - Number Web
URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/832408