森保一監督率いる日本代表は、8日から新潟市内に集合し、12日のキリンチャレンジカップ・パナマ戦(デンカビッグスワンスタジアム/19時35分)、16日の同ウルグアイ戦(埼玉スタジアム2002/19時35分)に向けて調整を進めている。試合前日の11日は2日連続で冒頭15分のみの公開となったが、唯一の10代で最年少のDF冨安健洋(シント=トロイデン)は、大先輩であるDF吉田麻也(サウサンプトン)からアドバイスがあったことを明かした。
 森保ジャパンは8日から新潟合宿をスタート。ロシア・ワールドカップ(W杯)主力組のDF長友佑都(ガラタサライ)、DF吉田、DF酒井宏樹(マルセイユ)、MF原口元気(ハノーファー)、MF柴崎岳(ヘタフェ)、FW大迫勇也(ブレーメン)を初招集し、若い世代との「化学反応」「融合」をテーマに調整を進めてきた。
 パナマ戦前日は2日連続で冒頭15分のみの公開。攻撃と守備の両面の確認を行ったと目されるが、冨安は「今回の合宿ではあまり調子が良いわけではない」という。それでも、「疲れてると思いたくないし、言いたくない」と毎日切り替えながらトレーニングで汗を流しているという。
 そして、9月のコスタリカ戦(3-0)との一番の変化は、ロシアW杯主力組が入ったこと。冨安は「雰囲気も締まるし、ワンプレーワンプレーを大事にする雰囲気を出してくれている。良い練習ができていると思います」と語る。



※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
URL:https://www.football-zone.net/archives/140630