サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      日本がオマーンに「恥ずかしい勝利」 “二つの誤審”を韓国紙酷評「アジア杯最悪の試合」

       森保一監督率いる日本代表は13日、アジアカップ・グループリーグ第2戦でオマーンを1-0で破り、大会2連勝で決勝トーナメント進出を決めた。前半28分にMF原口元気(ハノーファー)が獲得したPKを自ら決めて先制。同44分にゴール前でピンチを迎えたなか、相手のシュートがDF長友佑都(ガラタサライ)の腕に当たる形となったがハンドの判定は下らず、日本はなんとか虎の子の1点を守り切った。海外メディアでも判定への“疑問の声”が多く浮上しており、なかでも韓国では「アジアカップ最悪の試合だった」と辛辣な報道が続いている。
       日本は序盤から押し込みながらもゴールを割れずにいたなか、前半26分にMF南野拓実(ザルツブルク)のシュートのこぼれ球に飛び込んだ原口がペナルティーエリア内ギリギリのところでオマーンのMFアフメド・アルマハイジリに倒されてPKを獲得。背番号8がこれを自ら決めて、日本が先制点を奪った。
       1-0で迎えた前半44分、オマーンにサイドから攻められ、中央でフリーとなっていたMFサラー・アルヤハヤエイにシュートを打たれるも、体を投げ出した長友が決死のブロックで阻止。このブロックの際、シュートが左腕に当たったような形になったが、主審はコーナーキックを命じ、オマーンの選手たちが激高して主審を囲んで猛抗議。しかし、今大会ではVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)は準々決勝からの導入予定で、判定が覆ることはなかった。
       結局、日本は虎の子の1点を守り切って1-0で辛勝したが、韓国スポーツ紙「MKスポーツ」は、「明白なPK誤審2回…恥ずかしい日本のベスト16進出」と日本戦の判定について見解を述べている。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/162089

      王者・川崎Fが新体制発表。仙台から復帰の板倉滉は「海外移籍へ調整中」

      板倉滉【写真:Getty Images】
       J1の川崎フロンターレは14日、2019シーズンに向けて契約が合意した選手のリストと、背番号一覧を発表した。DF板倉滉については、海外移籍に向けた調整中であることが明らかにされている。
       現在J1で2連覇中の王者は、昨季から所属する選手のうち22名との契約が合意。新加入選手を含めて30人の所属選手の背番号が発表されている。
       新加入選手の背番号はDFジェジエウが4番、FWレアンドロ・ダミアンが9番、DF馬渡和彰が17番、GK藤嶋栄介が23番、DFマギーニョが26番、MF原田虹輝が31番、MF山村和也が34番となる。
       MF齋藤学は昨季の37番から、森谷賢太郎(ジュビロ磐田へ移籍)の使用していた19番に変更。MF守田英正は昨季の25番から、田坂祐介(ジェフユナイテッド千葉へ移籍)の使用していた6番に変更された。
       昨季ベガルタ仙台に期限付き移籍していたU-21日本代表DF板倉滉はメンバーリストに含まれず、「海外クラブへの移籍を前提に調整を進めています」と明かされた。今後詳細が決定次第発表を行うとのことだ。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:フットボールチャンネル
      URL:https://www.footballchannel.jp/2019/01/14/post304932/

      ベンゼマが右手小指を骨折。FW不足のレアル、冬に緊急補強も?

      ベティス戦で負傷したカリム・ベンゼマ【写真:Getty Images】
       レアル・マドリーに所属するFWカリム・ベンゼマは、現地時間13日に行われたベティス戦で右手小指を骨折した。スペインメディアはマドリーが緊急補強を行う可能性があるとの見通しも伝えている。
       マドリーはリーガエスパニョーラ第19節の試合でベティスと対戦。アウェイで2-1の勝利を収め、2019年リーグ戦初白星を挙げた。だが先発で出場したベンゼマは前半終了間際に転倒した際に指を痛め、ハーフタイムでの交代を余儀なくされた。
       試合後にマドリーはベンゼマの検査結果を発表。「右手小指の骨折と診断された」とクラブは述べつつ、復帰時期について明確な見通しは示していない。
       スペイン『アス』紙は、ベンゼマの負傷によりマドリーは緊急補強に動かざるを得ないと伝えている。ガレス・ベイルやマルコ・アセンシオも負傷中のマドリーは、ベティス戦ではベンゼマの代役としてBチーム所属の若手FWクリスト・ゴンサレスを投入せざるを得なかった。
       補強の選択肢としては、以前からたびたび関心が噂されるインテルのアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディや、ジェノアで今季活躍しているポーランド代表FWクシシュトフ・ピオンテク、あるいは夏からの合流が内定しているサントスの17歳FWロドリゴの加入を早める可能性などが挙げられている。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:フットボールチャンネル
      URL:https://www.footballchannel.jp/2019/01/14/post304934/
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ