サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      プレミア7年目の吉田麻也、“異文化順応”のカギを英紙で告白 好例としたJリーガーは?

       サウサンプトンの日本代表DF吉田麻也は、プレミアリーグ7年目のシーズンを送っている。ピッチ内のプレーだけでなく生活環境も違うイングランドの地で長年プレーを続けていることに価値があるが、英紙「ザ・サン」がその吉田にインタビューを敢行。Jリーグでのケース等を踏まえて、異国で戦うための心構えを語っている。
       吉田は毎シーズンのようにワールドクラスのセンターバックとポジション争いを繰り広げてきた。それでも主力として活躍し、現地時間9日に行われたプレミアリーグ第30節トットナム戦でも先発出場。イングランド代表FWハリー・ケイン、同MFデレ・アリら擁する強力攻撃陣を1失点に抑え、2-1の勝利に貢献した。今季序盤戦こそ出番が限られたが、後半戦に入ってスタメンの座を確保しているのはクラブから信頼を得ている証拠だろう。
       その状況に同紙も「ヨシダのリカバリーする力とプロ意識は、彼がこれまでの日本人選手で最もプレミアリーグで出場している主要因だろう」と評価しているが、吉田本人は異文化の中で順応できている理由について、このように語っている。
      「学校では丁寧な英語を学んできたけど、汚い言葉は教えてくれなかった。でも、そういった言葉はフットボールの世界でのリアルでもある。適応の一つだし、それこそがカギなんだ。自分はここ(イングランド)と日本で、数多くの外国人選手を見てきた。いいサッカー選手はいいサッカー選手でも、強い人間性を持っていれば、フットボールの世界で生き残る可能性はさらに高くなる。特に日本とイングランドのように、まったく違う文化圏であればなおさらだね」


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/175551

      「マンUが補強すべき5人」をブックメーカーサイトが特集 バルサMFの名前も…

       マンチェスター・ユナイテッドは現地時間10日、プレミアリーグ第30節のアーセナル戦に0-2で敗れ、昨年12月のオレ・グンナー・スールシャール監督の就任以降、プレミアリーグで初黒星を喫した。もっとも新体制に移行後、チームは飛ぶ鳥を落とす勢いで勝ち点を積み重ねており、一時は絶望的とも見られた来季のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得も射程圏内となっている。夏の移籍市場に向けてさらなる戦力強化を期待する声が挙がるなか、アイルランドのブックメーカーサイト「パディー・パワー」は「来夏にユナイテッドが獲得する必要がある5人の選手」を紹介。バルセロナのクロアチア代表MFイバン・ラキティッチやドルトムントのイングランド代表FWジェイドン・サンチョらの名前が挙がっている。
       ユナイテッドの勢いが止まらない。6日に行われたCL決勝トーナメント1回戦の第2戦では、パリ・サンジェルマン(PSG)相手に敵地で劇的な勝利を収め、逆転で準々決勝進出を果たした。指揮官の交代後、すべてが良い方向に向かっていると言っていいだろう。
       とはいえ、今季の優勝争いはマンチェスター・シティとリバプールの戦いになっており、来季彼らと肩を並べるには新たな戦力を加える必要があるのは確かだ。そこで「パディー・パワー」は、ユナイテッドが獲得すべき5人の名前を挙げている。
       まずはドルムントの新星サンチョだ。ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがチームを去ってから、なかなか右のワイドで存在感を示す選手が見つかっていなかった。そういった意味でも右を得意とするサンチョはベストな選択であり、スピードとスキルを併せ持った選手の加入は多くの人を納得させることができるはずだ。またシティが放出した才能を獲得するということは、ファンの満足度も高めることができるだろう。
       そのほかには今シーズン終了後にフリーエージェントになるとされるPSGのフランス代表MFアドリアン・ラビオ、世界最高の右サイドバックと呼んでも不思議ではなくなったバイエルン・ミュンヘンのドイツ代表DFヨシュア・キミッヒ。中心的な存在となるセンターバックを探しているなかで第一候補とされる、ナポリのセネガル代表DFカリドゥ・クリバリが紹介されている。
       そして最もビッグな選手として取り上げられているのが、バルセロナのラキティッチだ。キャリアの終わりが近づき、バルセロナから移籍する可能性があるとされるラキティッチは、ユナイテッドの中盤の層を厚くするうえでも大きな存在となることは間違いない。バルセロナとしても来夏にオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングの獲得が決まったことから、出場機会の減少も考えられるラキティッチを放出するタイミングを窺っており、ユナイテッドがオファーを提示すれば移籍成立となる可能性はあるだろう。
       いずれにしても、さらなる戦力アップを果たして優勝争いに絡んでいきたいユナイテッド。スールシャール監督を含めて来夏の動向を多くの人が注目している。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/175477

      「マンUが補強すべき5人」をブックメーカーサイトが特集 バルサMFの名前も…

       マンチェスター・ユナイテッドは現地時間10日、プレミアリーグ第30節のアーセナル戦に0-2で敗れ、昨年12月のオレ・グンナー・スールシャール監督の就任以降、プレミアリーグで初黒星を喫した。もっとも新体制に移行後、チームは飛ぶ鳥を落とす勢いで勝ち点を積み重ねており、一時は絶望的とも見られた来季のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得も射程圏内となっている。夏の移籍市場に向けてさらなる戦力強化を期待する声が挙がるなか、アイルランドのブックメーカーサイト「パディー・パワー」は「来夏にユナイテッドが獲得する必要がある5人の選手」を紹介。バルセロナのクロアチア代表MFイバン・ラキティッチやドルトムントのイングランド代表FWジェイドン・サンチョらの名前が挙がっている。
       ユナイテッドの勢いが止まらない。6日に行われたCL決勝トーナメント1回戦の第2戦では、パリ・サンジェルマン(PSG)相手に敵地で劇的な勝利を収め、逆転で準々決勝進出を果たした。指揮官の交代後、すべてが良い方向に向かっていると言っていいだろう。
       とはいえ、今季の優勝争いはマンチェスター・シティとリバプールの戦いになっており、来季彼らと肩を並べるには新たな戦力を加える必要があるのは確かだ。そこで「パディー・パワー」は、ユナイテッドが獲得すべき5人の名前を挙げている。
       まずはドルムントの新星サンチョだ。ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがチームを去ってから、なかなか右のワイドで存在感を示す選手が見つかっていなかった。そういった意味でも右を得意とするサンチョはベストな選択であり、スピードとスキルを併せ持った選手の加入は多くの人を納得させることができるはずだ。またシティが放出した才能を獲得するということは、ファンの満足度も高めることができるだろう。
       そのほかには今シーズン終了後にフリーエージェントになるとされるPSGのフランス代表MFアドリアン・ラビオ、世界最高の右サイドバックと呼んでも不思議ではなくなったバイエルン・ミュンヘンのドイツ代表DFヨシュア・キミッヒ。中心的な存在となるセンターバックを探しているなかで第一候補とされる、ナポリのセネガル代表DFカリドゥ・クリバリが紹介されている。
       そして最もビッグな選手として取り上げられているのが、バルセロナのラキティッチだ。キャリアの終わりが近づき、バルセロナから移籍する可能性があるとされるラキティッチは、ユナイテッドの中盤の層を厚くするうえでも大きな存在となることは間違いない。バルセロナとしても来夏にオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングの獲得が決まったことから、出場機会の減少も考えられるラキティッチを放出するタイミングを窺っており、ユナイテッドがオファーを提示すれば移籍成立となる可能性はあるだろう。
       いずれにしても、さらなる戦力アップを果たして優勝争いに絡んでいきたいユナイテッド。スールシャール監督を含めて来夏の動向を多くの人が注目している。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/175477
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ