サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      インドリーグの日本人サッカー選手、久保木優は「ACLでJと戦いたい」。

       真っ赤なターバンに、刀を抜いたユニホーム姿の青年――。ピッチの前には、ヒンドゥー教のチャンディー女神を模した、摩訶不思議な彫り物が不規則に並ぶ。これはインドの大道芸人の写真、ではなく、ある日本人サッカー選手の入団会見の様子である。
       デリーからバスで北上することおよそ6時間。建築家ル・コルビュジエの作品が多く残ることで知られるチャンディーガルにホームタウンを置く、ミネルウァ・パンジャーブに今年入団したのが久保木優だ。競技人口が1億5千万人を超えるといわれるほどクリケットが盛んなインドにおいて、サッカー界の常識は全く通じない、と久保木は笑う。
      「練習場には牛が溢れていますし、試合も銃撃戦で中止になりました。観客がヒートアップすると、試合中にバナナが投げ込まれるんです。日々が驚きの連続で、食事はもちろん毎日カレー(笑)。一方で、クリケットに迫る勢いでサッカー熱も上がってきていると感じる。社会と同じく混沌として、面白い市場ですよ」
      アジア育ちのストライカー。 クラブから与えられた背番号は「10」。入団会見の様子は現地メディアでも紹介され、開幕戦前のカップ戦では自らのゴールで、チームにタイトルをもたらした。タイ、オーストラリア、インドを渡り歩いた久保木は、自身のことを冗談交じりに、「日本ではなく“アジア育ち”のストライカー」と形容する。
       昨季のIリーグチャンピオンチームで、未踏のルートからACL出場を目指す29歳のストライカーの軌跡を追った。
       久保木と初めて会ったのは、5年前に遡る。雨季を迎えジメジメとした気候が続く、タイ・バンコクの喫茶店だった。
       ヴェルディユースを経て、国士舘大学を卒業した久保木は、日本でプロになれず異国で足掻いていた。やっとの思いで契約にこぎつけたタイ3部のクラブでは突如契約打ち切りという“アジアの洗礼”を浴び、飛び込みで各チームのテストを受ける日々。給料は物価の安いタイでギリギリの暮らしができる程度で、貯蓄も底をつきかけていた。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:海外サッカー - Number Web
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/832476

      「独裁者」ではなく――仏誌編集長が語ったリーグ・アンで辣腕を振るうハリルホジッチの今

       その比較は教訓的だ。

       一方には、モナコを率いて6試合をこなして4敗2分のティエリ・アンリ。そして、もう片方には、ナントを率いて6試合を終えて4勝1分1敗のヴァイッド・ハリルホジッチ――。

       この2人は、ほぼ同時期に新天地の指揮官となったが、インパクトは完全に異なっている。監督経験の浅い41歳のアンリが、チームの諸問題に直面して途方に暮れてしまっているのに対し、経験豊富な66歳のハリルホジッチは、瞬く間にチームを変貌させてしまったからだ。

       では、一体どうやって変貌させたのだろうか?

       その答えは、プラグマティック(実情に合わせて柔軟に対応すること)で、なおかつ厳格な姿勢を見せながら、である。

       ハリルホジッチの前任者であるミゲル・カルドーゾは、チームがそれにマッチするように編成されていなかったにもかかわらず、無理矢理、ポゼッション・スタイルを実践させようとして、完全に失敗してしまった。 プレミア、リーガ、セリエAに加え、
      世界最高峰のCL&ELを独占放映!
      DAZN「1か月無料体験」はこちら

       ところが、「コーチ・ヴァイッド」は、各選手がそれぞれのプレーゾーンをしっかりリスペクトしながら、スピーディーに前線に飛び出すスタイルを打ち出した。これによってトレーニングもがらりと様変わりし、短時間ながら高密度の内容となった。

       その結果はどうか。選手たちはフィジカル的な耐久力を取り戻し、90分間に渡って強度を保てるようになったのだ。

       最たる例は、アルゼンチン人FWのエミリアーノ・サラだ。ゴール前での「不器用さ」が有名だった長身CFは、これまで見せたこともないほど、より効率的なアタッカーに大変身を遂げた。

       さらにナントでは、プライベート面でも、以下の新たなルールが打ち立てられた。

       ホームでの試合前夜は「ミ・ゾ・ヴェール(緑の中に置くという意味で、全員でホテルに宿泊し、食事や散歩をともにしながらリラックスと集中を図る仕組み)」をすること、時間を守ること、マッサージルームでの携帯電話の使用は禁止すること、そして、一日に2回のトレーニングがある日は、義務として全員一緒に昼食をとること、だ。

       とはいえ、フランス人兼ボスニア・ヘルツェゴビナ人の監督が、「軍隊式の体制を敷いた」などと思ってはならない。なにしろ、こうした厳格なルールの一方で、彼はアウェーでの試合に勝利した時には、その翌日、選手たちへシャンパーニュ、それもドン・ペリニヨンのロゼを奢るのだ。

      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:サッカーダイジェストWeb
      URL:https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=50195

      川崎連覇と残留争いの混沌――個のスキル格差が消滅するなか明暗を分けるのは「哲学」だ!

      川崎連覇と残留争いの混沌――個のスキル格差が消滅するなか明暗を分けるのは「哲学」だ! | サッカーダイジェストWebjQuery(function(){ $('#navi li').on({ 'mouseenter':function(){ $(this).children('div').show(); $('div',this).parent().addClass('current'); }, 'mouseleave':function(){ $(this).children('div').hide(); $('div',this).parent().removeClass('current'); } });}); var googletag = googletag || {}; googletag.cmd = googletag.cmd || []; var _gaq = _gaq || []; _gaq.push( ["_setAccount", "UA-47763969-1"], ["_setDomainName", "none"], ["_setAllowLinker", true], ["_setCustomVar", 1, "topics", "50201", 3], ["_setCustomVar", 3, "page_sysnm", "topics_detail2", 3], ["_setCustomVar", 4, "group_id", "2", 3], ["_trackPageview"] ); (function() { var ga = document.createElement("script"); ga.type = "text/javascript"; ga.async = true; ga.src = ("https:" == document.location.protocol ? "https://" : "http://") + "stats.g.doubleclick.net/dc.js"; var s = document.getElementsByTagName("script")[0]; s.parentNode.insertBefore(ga, s); })(); var _gaq = _gaq || []; _gaq.push( ["_setAccount", "UA-47763969-1"], ["_setDomainName", "none"], ["_setAllowLinker", true], ["_setCustomVar", 1, "topics", "50201", 3], ["_setCustomVar", 3, "page_sysnm", "topics_detail2", 3], ["_setCustomVar", 4, "group_id", "2", 3], ["_trackPageview"] ); (function() { var ga = document.createElement("script"); ga.type = "text/javascript"; ga.async = true; ga.src = ("https:" == document.location.protocol ? "https://" : "http://") + "stats.g.doubleclick.net/dc.js"; var s = document.getElementsByTagName("script")[0]; s.parentNode.insertBefore(ga, s); })();
      (function() { var sb = document.getElementById('srchBox'); if (sb && sb.className == 'watermark') { var si = document.getElementById('srchInput'); var f = function() { si.className = 'nomark'; }; var b = function() { if (si.value == '') { si.className = ''; } }; si.onfocus = f; si.onblur = b; if (!/[&?]p=[^&]/.test(location.search)) { b(); } else { f(); } } })(); var microadCompass = microadCompass || {};microadCompass.queue = microadCompass.queue || []; microadCompass.queue.push({ "spot": "826672028efc9121892b113319a401c3", "url": "${COMPASS_EXT_URL}", "referrer": "${COMPASS_EXT_REF}" }); メガクラブ ワールド 密着・香川 密着・武藤 密着・本田 プレミアリーグ リーガ・エスパニョーラ セリエA ブンデスリーガ チャンピオンズ・リーグ ヨーロッパリーグ その他の欧州リーグ 南米・その他 移籍マーケット 移籍専門記者コラム 日本代表 A代表 A代表日程・結果 五輪代表 U-20代表 U-17代表 なでしこジャパン Jリーグ・国内 ACL J1 J1日程・結果 J1順位表 川崎 鹿島 C大阪 柏 横浜 磐田 浦和 鳥栖 神戸 G大阪 札幌 仙台 FC東京 清水 広島 湘南 長崎 名古屋 J2 J2日程・結果 J2順位表 J3 J3日程・結果 天皇杯 ルヴァン杯 大学サッカー 高校・ユース タレントスカウト 全国高校選手権 全国高校総体 高円宮杯U-18サッカー 代表国際大会 ワールドカップ オリンピック EURO コパ・アメリカ 特集 セルジオ越後の天国と地獄 徹底解説!! 金田喜稔が斬る! 釜本邦茂のガマッチョ診断 松木安太郎のもう一点ほしいね! 藤田俊哉の目 Toshiya’s eye 橋本英郎の「現役の眼」 三浦泰年の情熱地泰 岩本輝雄のオタクも納得! 週刊サッカーダイジェスト誌アーカイブ ワールドサッカーダイジェスト誌アーカイブ 高校サッカーダイジェスト誌アーカイブ ファッション診断 PR|プレゼント エンタメ Photo メガクラブPhoto ワールドPhoto 日本代表Photo Jリーグ・国内Photo 高校・ユースPhoto 代表国際大会Photo 特集Photo
      日本の美女サポーターたち J1リーグ順位表 J2リーグ順位表 川崎連覇と残留争いの混沌――個のスキル格差が消滅するなか明暗を分けるのは「哲学」だ! カテゴリ:Jリーグ
      加部 究
      2018年11月14日
      Tweet {lang: 'ja'} new jp.naver.line.media.LineButton({"pc":true,"lang":"ja","type":"a"}); googletag.cmd.push(function() { googletag.pubads().display('/62532913/p_soccerdigestweb_650x100_title_16587', [650, 100], 'div-gpt-ad-1488956903161-0'); }); J2レベルまで、ピッチに立つ選手たちの基本的なテクニックに大きな格差は消えている  派手な連勝や連敗が目立つシーズンだった。絶好調と泥沼の明白なコントラストが点在し、だからこそ川崎の安定ぶりが際立った。
       
       例えば、もし2シーズン制で行なわれていたと想定すると、後期は残り2試合で川崎、鹿島、G大阪の3チームが同勝点で首位。さらに緊迫のレース展開が続くことになる。前期3位の川崎に対し、鹿島は10位、G大阪は18位と低迷していたから、後半戦の建て直しが顕著だ。一方で前期独走した広島は、後期に入り優勝がちらつき始めると16位と急降下。前期2位のFC東京も後期は13位と失速している。名古屋は夏の爆買いで前期最下位から後期5位と巻き返したが、イニエスタ獲得の神戸と、フェルナンド・トーレスを迎えた鳥栖は、観客動員とは裏腹に成績は下降している。集客(夢)が先か、結果(現実)優先なのか、資金の有効利用も含めて考えさせるテーマを提供した。またルヴァンカップを制した湘南が終盤まで降格ゾーンから脱却し切れず、昨年4位の柏が崖っぷちに立たされている状況を見ても、継続的な安定を手に入れているチームは少ない。こうして見ても、改めてシーズンを通して大崩れがなかった川崎が頂点に立つのは、当然の帰結だった。
       
       ただし乱世は、必ずしもネガティブな要素ばかりで演出されているわけではない。J創設25年間の歴史を経て、底辺の拡大と底上げは着実に進んでいる。結果的には大方の予想通りにJ1で最下位に終わった長崎も、内容は残留に肉薄していた。逆に予想がいかに個々の知名度や実績に左右されているかを物語るもので、確実に“次回”への希望を残した。
        イニエスタ&F・トーレスを見逃すな!
      DAZNはJリーグを全試合LIVE配信
      「1か月無料体験」はこちら
       話はJ2に逸れるが、41節には東京Vが最下位の讃岐をホームの味の素スタジアムに迎えた。本来なら昇格プレーオフ圏内の東京Vの圧勝が予想される一戦だったが、序盤からしっかりとボールを支配したのは讃岐の方だった。讃岐を9年間指揮して来た北野誠監督は振り返った。
      「ずっと守ってカウンターしか生き残る術がなくそればかりだったが、今年はボールを握れるけれど最後の結果がついて来なかった」
       
       結局J2レベルまで、ピッチに立つ選手たちの基本的なテクニックに大きな格差は消えている。戦力が拮抗している以上、明暗を分けるのは、どこに向けてまとめ上げるか、という哲学を軸にした細部の積み重ねになる。
       

      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:サッカーダイジェストWeb
      URL:https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=50201
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ