サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      “サッカー小僧”中島翔哉が日本の「10番」になるまで。

      「あちこちのフットサルコートへ“道場破り”」
      「カバンのなかにはいつもミニサッカーボール」
      「U-17代表時代、競技場通路の人混みでドリブル」
      「プロになってからも近所の公園でシュート練」
      「A代表ベンチでも暇さえあればリフティング」
       いずれも、日本代表の新10番が残してきた逸話だ。
      『キャプテン翼』を読んで、枕元にボールを置き、学校までドリブルして、机の下でまたボールをいじる。そんな少年は全国を探せば珍しくないかもしれない。でも中学生になり、高校生になったとき、少年にその続きはあるのか。ましてやプロになっても続きをやっている選手なんているのだろうか。
       いま代表の背番号10を背負い、かつてないほどアグレッシブで魅力的なチームを引っ張っているのは、そんな漫画レベルのサッカー小僧だ。
       この類まれなキャラクターは、いったいどうやって育まれてきたのか。
      中島を作った恩師たちがズラリ! Number967号「日本代表 僕らの時代」では、中島翔哉の成長過程をさぐろうと彼ゆかりの人物を訪ねた。
       中島が小学校低学年からスクールに通い、小5のセレクションからはチーム入りした東京ヴェルディには、永田雅人氏(現日テレ・ベレーザ監督)と冨樫剛一氏(現東京V強化部ダイレクター)たち。
       前者はジュニアからジュニアユース時代、後者はユース時代の中島の指導者だ。
       またFC東京では、中島がプロとなった後にカターレ富山の監督として、直後にFC東京のコーチとしても彼を見てきた安間貴義氏(現FC東京コーチ兼U-23監督)に話を聞いた。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:サッカー日本代表 - Number Web
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/832766

      香川や乾、昌子がアジア杯選外でも森保監督が「ベスト」と言う理由。

       みなさん、こんにちは。
       サッカー日本代表、来年1月に開催されるアジアカップ(UAE)のメンバー23人が発表されました。Number WEB編集部から再び、「池上彰さん風に解説をお願いします」というリクエストがありました。
       ただ、編集部からの質問は1つだけ。「森保一監督が今回のメンバーを“現時点でのベスト”と言い切る理由」について、です。それでは私なりの解釈を説明させていただきます。
       質問の裏側には、結果が求められるアジアカップで香川真司、乾貴士、岡崎慎司、昌子源らロシアワールドカップメンバーは呼ばなくていいのか、という疑問が含まれているとは思います。
      “現時点でのベスト”発言から見えてくるものとは一体、何か。
      ノーサプライズは信頼の証し。 これまで9、10、11月と3度、親善試合での招集機会があり、強豪ウルグアイに勝利するなど4勝1分けと結果が出ています。内容も伴っており、メンバーをいじる必要はないという判断。つまりノーサプライズは、これまで招集してきたメンバーに対する信頼の証しだと言えます。
       常連組のなかでは離脱していた長友佑都や青山敏弘が戻ってきて、一方で三竿健斗がケガで呼べないという状況になりました。唯一、大迫勇也、北川航也に続いてフォワードのもう1人が流動的でしたが、10月の代表戦をケガで辞退した浅野拓磨を復帰させました。
       浅野は所属のハノーファーで出場機会に恵まれない状況ですが、森保監督は欧州視察で本人の状態を確認しています。
       9日のマインツ戦では7試合ぶりにスタメンで出場しましたし、元々、サンフレッチェ広島時代の教え子。サプライズと言うほどでもありません。青山とのホットラインもありますし、主にジョーカーとしての起用を考えているとは思います。森保ジャパンになって招集してきた選手で十分、勝負できると判断したのでしょう。
       そしてメンバーの入れ替えが少ないということは、森保監督の思うように(またはそれ以上に)チームづくりが進んでいるとも言えます。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:サッカー日本代表 - Number Web
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/832845

      マンC撃破で復調のチェルシー。それでも消えない不安要素とは。

       息を吹き返した──。
       マンチェスター・シティとのビッグファイトを前に、チェルシーのムードは芳しくなかった。エバートンとスコアレスドロー、トッテナムに1-3と叩きのめされ、ウォルバーハンプトンには足もとをすくわれる逆転負けを喫した。
       ジョルジーニョを完全に消されたり、追いつかれた途端に全体のラインが間延びしたり、開幕5連勝で印象づけた美しいバランスは消え、どこか弱々しい。
      「違うチームになってしまった。原因はどこにあるのだろうか」
       マウリツィオ・サッリ監督も頭を抱えた。
       そうした状況でシティ戦を迎えたのだから、多くのメディアが「チェルシー不利。大差で敗れる恐れも」と予想したのは当然だった。
       ところが、2-0の快勝である。ポゼッションでは38.7%対61.3%と下まわったものの、ボールサイドに激しく寄せてシティの時間を制限し、とくに後半は枠内シュートを1本も撃たせていない。
      「チーム一丸となって闘い、勝った。あのシティを、ヨーロッパ随一のチームをやっつけてやったぜ!」
       2点目を決めたダビド・ルイスが吠えていた。こうしてチェルシーは、優勝戦線に生き残ったのである。
      開幕5連勝で図に乗っていた。「開幕5連勝で図に乗っていた。苦しまなくても勝てる、俺たちは最強だってね。しかし、ウォルバーハンプトンとトッテナムに敗れ、気持ちが折れかけていた。ボス(サッリ監督)にもこっぴどく怒られたんだ。
       そこで俺たちは選手だけで徹底的に話し合った。その答えが謙虚になるってことだった。シティ戦の勝因は強い気持ちさ。ウォルバーハンプトン戦とトッテナム戦はいい教訓になったよ」
       アントニオ・ルディガーが語ったように、シティ戦のチェルシーは気合いに満ちあふれていた。この、成長著しいセンターバックは天性の運動能力と的確な状況判断で幅広いエリアをカバーした。
       セサル・アスピリクエタはバランスを崩しながら、驚異的な復元力でレロイ・サネのシュートを弾き飛ばした。エデン・アザールはシティのビルドアップを牽制するために汗をかき、エンゴロ・カンテはいつにも増してエネルギッシュだった。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:海外サッカー - Number Web
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/832850
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ