サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      初J2・FC琉球の「新戦力」として。三上昴さんが池田純氏から学んだこと。

       横浜DeNAベイスターズの前球団社長として、さまざまなファンサービスで球場を満員にし、ベイスターズを日本屈指の人気球団へと引き上げた一方で、横浜スタジアムを買収し球団・球場の一体経営を実現させた池田純氏。
       2016年10月にベイスターズを離れてからも、Jリーグやラグビー、Bリーグなどプロスポーツの世界はもちろん、さいたま市や明治大学のアドバイザーを務めるなど活躍の場を広げる中、「スポーツを文化として、産業としてより発展させていくための人材育成」を掲げ、『Sports Graphic Number』と共同で2017年に「Number Sports Business College(NSBC)」を開講し、後進の育成を行っている。
       このカレッジ、現在は第2期が開講中だが、第1期の受講生で2018年秋、プロスポーツビジネスの世界に飛び込んだチャレンジャーがいる。11月26日付で、クラブ史上初のJ2昇格を決めたFC琉球の常勤取締役(事業統括)に選任された、三上昴さん(31)だ。
      千葉ジェッツ・島田社長の言葉に感銘。「11月23日、ホームゲーム無敗の成績を残した今年のFC琉球の集大成をみて、来シーズンのJ2の舞台での戦いを、この素晴らしい選手たちやスタッフのみなさんと一緒に挑めるのが楽しみです。
       とはいえ僕は、まったくの新参者、これまで積み上げてこられた先人の方たちの歴史の上にどれだけ新しいことを加えていけるかがチャレンジです」
       NSBCでは、どのようなことを学んだのだろうか。
      「NSBCでは、毎回スポーツビジネス界の最前線で活躍する講師のプレゼンテーションや、池田さんとのクロストーク、受講生との質疑応答などのプログラムを通じて、いろいろな学びを得ることができましたが、特に印象深かったのは、Bリーグ・千葉ジェッツの島田慎二社長のお話です(https://number.bunshun.jp/articles/-/828226)。
       コンサルティングや代理店業務など、スポーツとは関わりのないところで活躍してきた島田さんが、赤字だったジェッツをBリーグ1の黒字クラブ、人気クラブへと押し上げた話を聞くと、自分がこれまで培ってきたビジネススキルを活かせば、スポーツビジネスの世界でもやっていけるんじゃないか、と勇気をもらいました」


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Jリーグ - Number Web
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/833163

      オシムが語るアジア杯初戦と中東勢。「日本は本物のサッカーを見せた」

       この日、オシムはなかなか電話に出ようとしなかった。
       試合後の会見の後でサラエボの自宅に電話すると、日本対トルクメニスタン戦に続いて始まったオマーン対ウズベキスタン戦を見ているという。アシマ夫人が幾度となく声をかけ、ようやく電話口に現われたかと思うと、一気に喋るだけ喋りさっさとテレビの前に戻ってしまったのだった。
       しかし、彼の口から語られた言葉は、日本のサポーターやメディア、解説者などの意見や試合から受けた印象とは、たぶんまったく異なる。
       トルシエもそうだが、ヨーロッパ人の指導者に共通の視点・評価の基準が彼の中にあり、それは日本的なコンテクストを離れたときに、日本人が語る言葉とは全然別の言葉となって現れるのだろうと思う。
       もうひとつは、森保一という監督の資質である。
       これは私見だが、森保にはこれまでの日本人監督にはない、オシムやトルシエの琴線に触れる指導力がある。
       日本での評価は総じて低いこのトルクメニスタン戦を、ふたりがまったく違う視点から評価しているのも、森保が持つ何か、彼がピッチ上で実践したものに対して、ふたりが敏感に反応したからなのだろう。
      「今日のプレーに対して言うべきことはない」――日本の試合は見ましたか?
      「ああ、見た」
      ――大会の初戦はいつも難しいですね。
      「日本対トルクメニスタン戦は悪い試合ではなかった。私は今、オマーン対ウズベキスタン戦を見ているが、レベルは比べるべくもない。
       トルクメニスタン戦の日本は、ボールを保持したときのプレーの成熟を示していた。サイドチェンジを繰り返しながらプレーを加速させた。あまり多くを変える必要はない。若い選手たちにとっては学ぶべきいいモデルだ。
       たしかにこの種の試合は難しい。互いに相手をよく研究し、相手に対して少し恐れを抱いている。多くを期待できる試合ではない。それでも日本は個の力で優れていることを示した。
       注目すべきプレーも随所にあった。
       的確にプレーし、これは大事なことだが効率的でもあった。彼らの今日のプレーに対して言うべきこと(批判すべきこと)はあまりない。オマーン対ウズベキスタン戦とは格段の差だ」


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:サッカー日本代表 - Number Web
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/833181

      振るわない前線と、守備陣の完封。オマーン戦の森保Jをどう評価するか。

       またしても靄のかかったような試合内容と結果になった。
       1月13日に行われたアジアカップのオマーン戦で、日本は1-0の勝利をつかんだ。トルクメニスタン戦に続く勝利で勝点を6に伸ばし、2位以内を確定させてグループステージ突破は決まった。
       ただ、4年後、8年後にまで記憶されるゲームではない。
       原口元気のPKで勝点3をつかんだが、彼へのファウルは果たしてペナルティエリア内だったか。一方で、相手のシュートをブロックした長友佑都の腕に当たったものの、マレーシア人の主審はオマーンにPKを与えなかった。アジアカップという大会の長い歴史のなかで、この試合はふたつのPKを巡るジャッジとともに語り継がれていくのだろう。
       もっと楽な展開へ持ち込むことはできた。
       キックオフ直後に堂安律が右サイドを突破し、ゴール正面に詰めた原口のシュートがバーを叩いた。8分には南野拓実がGKと1対1になる。南野は9分、24分、26分にも決定機を迎えるものの、ゴールネットを揺らすことができない。
       前半のうちにセーフティリードを奪ってもおかしくない展開である。チャンスを浪費すれば試合の流れが変わってしまうものだが、26分のシーンが原口のPK奪取につながり、日本は先制点を奪うことができた。
      1-0は試合内容を反映していた。 その後は得点機を生み出せない。前半の残り時間だけでなく後半のほぼすべての時間帯で、相手GKを慌てさせることはできなかった。リードしたあとの決定機は、わずかに一度である。
       90分、堂安に代わって途中出場した伊東純也が右サイドをドリブルで突き進み、至近距離から右足を振り抜いた。シュートコースは限定されていたため、相手GKからすれば慌てることなく対応できたシーンでもあった。
       前半の決定機を生かせば余裕を持って試合を運べたものの、後半はほぼノーチャンスだった。1-0というスコアは、試合内容と著しくかけ離れたものではない。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:サッカー日本代表 - Number Web
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/833164
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ