サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      映画撮影、会長と衝突、マルセロと確執… レアル主将ラモス、世間注目の話題に回答

       レアル・マドリードのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスはピッチ内外で話題を振りまいているが、自身の公式インスタグラムにおいて電撃退団の可能性やチームメイトとの確執などについて回答している。
       ラモスの行動で物議を醸したのは、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)ベスト16第1戦のアヤックス戦(2-1)だ。累積を消化するためにイエローカードを意図的に受けたと明かし、UEFAから2試合のCL出場処分を下された。そして、アヤックスとの第2戦。レアルは本拠地で1-4と大敗を喫し、敗退を余儀なくされた。その間、ラモスはドキュメンタリー映画の撮影を行っていたことが発覚し、多くの非難が寄せられることになった。
       また、その試合後のロッカールームではフロレンティーノ・ペレス会長と衝突し、“追放宣告”を受けたとして電撃退団の可能性が取り沙汰されていた。さらに、9日のトレーニングでは同僚のブラジル代表DFマルセロと激しい口論に発展し、チームメイトが仲介に入る事態になったと報じられている。
       この短期間で多くの話題を生み出しているラモスだが、公式インスタグラムで「サッカー選手は本来ピッチで語るものだが、今季に関してはその方法だけでは難しいようだ。僕たちに隠し事はないし、主将として責任を請け負う。皆の質問に正直に」と前置きしたうえで、世間を騒がせている自身の噂について回答している。
      (アムステルダムのイエローについて)「あれは完全なる過ちであり、僕が200%責められるべき案件だ」
      (ドキュメンタリーの撮影について)「事前に決まっていたもので、試合があんな事態になるとは考えてもいなかったんだ。試合が進むにつれ、撮影もスケールを落としていったよ」
      (会長との口論について)「ロッカールームで生じた問題は、ロッカールームで解決したよ。全くなんの問題もないし、全員が同じくらいレアルに向き合っているということだ」


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/175601

      C・ロナウド、“殊勲の3発”に伊メディアが高採点 「絶対的な王」「すべてが可能」

       ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、現地時間12日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦の第2戦、アトレチコ・マドリード戦でハットトリックを達成。初戦の2点ビハインドを覆しての逆転突破に導いた活躍に、イタリアメディアは「9点」や「10点」といった高採点で絶賛している。
       初戦がアトレチコのホームで0-2という結果だっただけに、ユベントスは最低でも2得点が必要だった。そのなかでロナウドは前半27分にヘディングシュートを決めると、後半3分にも再びヘディングでゴール。そして後半41分にはイタリア代表MFフェデリコ・ベルナルデスキが獲得したPKをロナウドがゴール左に蹴り込んでハットトリックを達成。今季のCLではわずか1ゴールだったロナウドの大爆発でユベントスが3-0で勝利し、2戦合計3-2で大逆転突破に導いた。
       イタリアのサッカー専門サイト「カルチョメルカート・コム」は、ロナウドを「9点」として「動きたい場所へ、そして感覚的にプレー。あるべき姿を見せた。CR7の夜はCLでも訪れた。超一流の証明がまたしても訪れた」と絶賛した。
       また、イタリアのサッカー専門サイト「トゥットメルカートウェブ・コム」もロナウドには「9点」の採点。そして「これまで1ゴールだった男がハットトリックで準々決勝への道を開いた。二つのヘディングに冷静なPK。今夜のようなものを実現するため、彼はトリノにいる」と称賛の言葉を並べた。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/175909

      C・ロナウド、メッシに並ぶ8度目のCLハット! 移籍金130億円の価値を証明

      C・ロナウド【写真:Getty Images】
      【ユベントス 3-0(3-2) アトレティコ CL決勝トーナメント1回戦2ndレグ】  現地時間12日にチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦2ndレグの試合が行われ、ユベントスはホームにアトレティコ・マドリーを迎えて対戦し3-0の勝利をおさめた。この試合で、ユベントスに所属する34歳のクリスティアーノ・ロナウドが「CLにおいて、8度目のハットトリックを達成」している。
       やはり、この男は凄かった。試合開始して27分、フェデリコ・ベルナルデスキのクロスにC・ロナウドが頭で合わせてユベントスに先制点が入った。続く49分には、またもC・ロナウドがヘディングシュート。アトレティコのGKヤン・オブラクがギリギリで弾き出したようにも見えたが、ゴールラインテクノロジーにより得点が認められる。
       さらに86分、フェデリコ・ベルナルデスキがペナルティーエリア内で倒されてPKを獲得。このPKをC・ロナウドが決めてハットトリック達成。1stレグで0-2の敗戦を喫していたユベントスだが、2ndレグで3得点を奪ったことにより2戦合計3-2に。逆転突破を果たしている。
       昨年7月に移籍金1億ユーロ(約130億円)でレアル・マドリーからユベントスに加入したC・ロナウド。昨季はCLで新記録の11試合連続ゴールを達成し、CL最多勝利記録も更新した。さらに6シーズン連続のCL得点王にも輝いている。それだけに期待されていたが、ここまでCLで1得点だった。しかし、重要な試合でハットトリックを達成。改めて移籍金1億ユーロ(約130億円)の価値を証明している。
       サッカーのデータ分析などを手がける『Opta』によれば、C・ロナウドは「CLにおいて、8度目のハットトリックを達成」したとのこと。バルセロナに所属する31歳のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの記録に並んだ。やはり、この二人はただ者ではない。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:フットボールチャンネル
      URL:https://www.footballchannel.jp/2019/03/13/post313011/
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ